松屋の期間限定「鶏のバター醤油炒め定食」
松屋の鶏ももシリーズに和風の味

松屋の期間限定メニュー「鶏のバター醤油炒め定食」を食べてみました。がっつりガーリックがきいたご飯が進む一皿です。

松屋の期間限定「鶏のバター醤油炒め定食」
ご飯、生野菜、みそ汁つき

価格は602円(税別)、以下同じカロリーはしっかり930kcal。鶏もも肉を柔らかくジューシーに焼き上げ、特製にんにく醤油タレとバターを鉄板でジュワっと絡ませ炒めあげてあります。生野菜を追加料金40円でポテトサラダに変更できますが、今回はそのままにしておきます。

松屋の鶏ももメニューはインド風のカレーになったり、中華風のチリソース炒めになったりとレパートリーが広いのですが、今回は和風の味つけ。

松屋の期間限定「鶏のバター醤油炒め定食」
バターがじゅわっときいてます

ガーリックはまったく遠慮をせずにきかせてあるので、あらかじめ覚悟の上で挑みます。しっかり焼いているのに汁気もあるチキンはいつもどおり食べごたえがありますが、一方で醤油とバターそれぞれの塩気が加わって、しょっぱさもかなりのもの。

ひときれ食べるごとに白いご飯に箸が伸び、もりもりと口に運びたくなります。一緒に炒めてあるタマネギは甘く、生の青ネギはしゃきしゃきとした食感で、ご飯のおかずとして鶏ももをしっかり引き立ててくれます。

松屋の期間限定「鶏のバター醤油炒め定食」
ご飯が進む味!

これでさらに肉が2倍かつライス大盛・特盛が無料の「W定食」もあるそうですが、かなりの健啖家でも通常版でおなか一杯になるのは請け合いです。