「喫茶店に恋して。」のティラミスショコラサンド

JR東京駅構内 グランスタにオープンした「喫茶店に恋して。」。皿盛りデザート専門店「銀座ぶどうの木」と雑誌「Hanako」が新しい東京スイーツを目指してコラボレーションしたブランドです。

「Hanako」の人気特集『喫茶店に恋して。』のタイトルを冠したブランドの第一弾商品は、1990年の発売号で紹介して社会現象ともいえるブームをつくった“ティラミス”がモチーフ。味わいにもパッケージにもこだわりが詰まった「ティラミスショコラサンド」です。価格は6枚入り788円(税込)から。

◆パッケージはまるで文庫本

パッケージテーマは、「コーヒーや紅茶を飲みながら、お気に入りの本を読みふける喫茶店のひととき」。文庫本がモチーフになっており、しおりがチラ見えしている小口、思わず手に取りたくなるキャッチコピーが書かれた帯まで遊び心たっぷり。机や本棚に飾りたくなります。

「喫茶店に恋して。」のティラミスショコラサンド

表紙は、人気イラストレーター武政諒さんとたなかみさきさんの描き下ろし。定番の武政諒さんのイラストは、湯気が立ちのぼるコーヒーや顔をのぞかせているネコに心和むデザイン。期間限定のたなかみさきさんのイラストは、ちょっと切なげな女性の表情が印象的です。

「喫茶店に恋して。」のティラミスショコラサンド

ブックカバーを模したスリーブケースの中も文庫本そっくりのデザイン。本をめくるように箱を開けると、個包装のショコラサンドとキュートな紙のしおりが登場。ちなみに個包装には3個に1個の割合でネコのシルエットが隠れているので探してみて。

「喫茶店に恋して。」のティラミスショコラサンド

「喫茶店に恋して。」のティラミスショコラサンド

◆口の中で味が完成

「ティラミスショコラサンド」は、コーヒーショコラと欧州産マスカルポーネチーズを練りこんだマスカルポーネショコラを、交互にぷっくり絞って薄焼きクッキーでサンド。クッキーの表面にはココアパウダーで“喫茶店の世界”が描かれています。

「喫茶店に恋して。」のティラミスショコラサンド

サクッと軽快なクッキーとふんわりなめらかなショコラのコントラストが絶妙。香り高くほろ苦いコーヒーをコクのあるマスカルポーネが包み込むことで、口内ではじめて“ティラミス味”が完成。最後にクッキーが焼き菓子らしい香ばしさを付け加えます。初めて食べたのにどこか懐かしい“喫茶スイーツ”ならではの味わい。

「喫茶店に恋して。」のティラミスショコラサンド

文庫本片手に喫茶店でコーヒーとスイーツを楽しむ、そんな幸せのひと時を詰め込んだようなお菓子「ティラミスショコラサンド」。大切な人たちと一緒に味わえば、新しい物語が始まりそうです。

「喫茶店に恋して。」のティラミスショコラサンド