ハーゲンダッツ新作「翠~濃茶~」とグリーンティー

ハーゲンダッツ ジャパンが35周年を迎えることを記念したアイスクリーム「翠~濃茶~(みどり こいちゃ)」が、7月9日から期間限定で販売されています。想定価格は350円(税込)。

茶道において格の高いおもてなしとされる抹茶の飲み方“濃茶”に着想を得て開発。原料や素材へのこだわりをいかした特別なアイスクリームです。

ハーゲンダッツ新作「翠~濃茶~」

ハーゲンダッツと言えば「グリーンティー」も人気フレーバーのひとつ。せっかくなので「翠~濃茶~」と「グリーンティー」を食べ比べてみました。

グリーンティー

まずはおなじみのグリーンティーから。茶葉はその年の新芽だけを摘み取った「初摘み茶葉」を主に使用し、「二番茶」を少しだけ加えたオリジナルブレンド。抹茶の風味を引き出すために、石臼で時間をかけて挽かれています。

ハーゲンダッツグリーンティー

久々に食べたけど、抹茶の味が濃くてやっぱりおいしい!甘さの中に穏やかな旨みを感じます。クリームのコクもしっかりいかされているのがさすがハーゲンダッツ。

ハーゲンダッツグリーンティー

翠~濃茶~

翠~濃茶~はパッケージからして高級感を醸し出しています。水引と「35周年」のマークをデザインし、ふたには光の屈折が美しい「クラウンリッド」を採用。アイスクリームの濃い緑色が映えるように、カップの内側は黒色になっています。

ハーゲンダッツ新作「翠~濃茶~」

この商品のためだけに特別に作られた、手摘みの初摘み茶葉のみをふんだんに使用。一般的な玉露の被覆期間が20日程度なのに対し、“35日以上”と長く覆うことで、旨みに寄与する成分(テアニン)の含有量が一般的な抹茶よりも多くなっています。

ハーゲンダッツ新作「翠~濃茶~」

鮮やかな緑色のアイスは、ひと口目から旨みがガツンと主張。顔をしかめるような苦みはなく、抹茶のさわやかな味わいが心安らぐ香りとともに広がります。アイスクリームらしい深いコクに、キレのある抹茶が溶け込んでめちゃくちゃ美味!

ハーゲンダッツ新作「翠~濃茶~」

グリーンティーも濃厚ですが、比べると翠~濃茶~の圧勝。後者は、茶葉本来の旨みがひと口にギュッと濃縮されているイメージ。でも後味はすっきりしていて、口内の軽やかな変化に感動すらおぼえます。

ハーゲンダッツ新作「翠~濃茶~」とグリーンティー

35周年記念にふさわしい贅沢なアイスクリーム「翠~濃茶~」。今後もハーゲンダッツからどんなこだわりのフレーバーが登場するか楽しみになりました。