かつやの「カレーうどんカツ丼」
炭水化物 on 炭水化物!

かつやの「カレーうどんカツ丼」を食べてきた。炭水化物の上に炭水化物をのせ、揚げ物と一緒に楽しむメニュー。注文の際にいささか覚悟が必要だったが、見あっただけの満足感は得られた。

価格は637円(税込)。お店で注文して待つことしばし。登場したのは、キーマカレーをからめたうどんがたっぷりのった丼。隣にはサクサクの衣がついたチキンカツ。下にはぎっしりお米。野菜としては鮮やかな緑の刻みネギがのってはいるが、やはり炭水化物が圧倒してくる。糖質のかたまりだ。

かつやの「カレーうどんカツ丼」
青ネギが野菜要素

おののきつつ、まずうどんを一口食べてみる。やわらかなゆで加減でコシはなく、キーマカレーのミンチが全体にまんべんなくからみ、甘辛い味つけが利いている。普通のうどんのようにたぐって喉ごしを楽しむのではなく、噛んで味わうのがよさそう。

かつやの「カレーうどんカツ丼」
うどんはキーマカレーがしっかりからんでいる

チキンカツは衣の食感が軽やか。鶏肉のうまみも感じられる。うどんと歯ざわりのコントラストが面白いので、一緒に口に入れる。

かつやの「カレーうどんカツ丼」
カツはサクサク

カツとうどんの相性がよく、それだけで十分に料理として成り立っているので丼の上半分ばかり食べ進めた結果、最後は底にしいてあるお米はかなりあまった。

ただ、ご飯にもキーマカレーがたっぷりしみていたおかげで、問題なく平らげられる。口さびしければテーブルに備えつけの漬け物をとってもよいし、まずカツとうどん、次いでご飯という順番で間違いなさそう。

食べ終わったあとは若干罪深い気持ちになりながらも、やはり炭水化物はおいしいとしみじみ感じ入った。