松屋「ビビン丼対決」

牛丼チェーン・松屋の各店で、2種類の“ビビン丼”が販売数を競う「松屋ビビン丼対決」が5月7日10時より開催されます(一部の店舗をのぞく)。登場するのは「平成のロングセラー“豚”ビビン丼」と「新作“牛”ビビン丼」。

平成のロングセラー“豚”ビビン丼は、豚肉を主役に、根菜きんぴら、キムチと一緒に鉄板で炒め、コチュジャンの風味をきかせた甘辛タレで仕上げられたメニュー。みそ汁つきで価格は並490円(税込、以下同じ)から。

一方の新作“牛”ビビン丼は、牛肉を主役に、小松菜ナムル、根菜きんぴらのシャキシャキとした歯ごたえが楽しめるメニュー。みそ汁つきで、価格は並550円から。

対決期間は5月20日まで(販売は6月上旬まで)。対決期間中、より販売数の多かったビビン丼が、2019年秋以降にレギュラー商品化を検討されるそうです。

なお、各メニューの販売店舗は松屋の公式サイトで確認できます。