「ライスコロッケのまんま」と「ライスコロッケ」味か
「ライスコロッケのまんま」と「ライスコロッケ」を食べ比べよう

ファミリーマートで「カプリチョーザ ライスコロッケのまんま」が登場した。イタリアンレストラン「カプリチョーザ」の人気メニューの味をスナックにしたというので、実際どれだけ似ているのか食べ比べてみた。

ライスコロッケのまんまは、UHA味覚糖が作っている『Sozaiのまんま』シリーズの1つ。このシリーズだと「コロッケのまんま」はかなりコロッケに似ていて、記者の周辺でも人気があった。

今回はどれぐらい似ているかと試してみる気になったが、そもそも、もとになったライスコロッケをちゃんと食べた記憶がないので、カプリチョーザに寄って先に食べてみることにした。

・ライスコロッケ

カプリチョーザ「元祖シチリア風ライスコロッケ、 ミートソースがけ」
「元祖シチリア風ライスコロッケ、 ミートソースがけ」

お昼ごはん時に、改装が終わったばかりの東京・渋谷の本店を訪れ、混雑する中どうにか席につくと「元祖シチリア風ライスコロッケ、 ミートソースがけ」という一品を選ぶ。主菜ではなく前菜という扱い。

価格は660円(税別、以下同じ)。メニュー写真を見る限り皿に1個しか載っていないし、ランチにこれ1つしか頼まないと、物足りなくなるかな、と思いながら待っていると、到着したのはなんと、湯気のたつミートソースがたっぷりとかかった、巨大なボール状の揚げもの。

カプリチョーザの「元祖シチリア風ライスコロッケ、 ミートソースがけ」
でか

想像と現実のあまりの落差に、一瞬、目が点になる。おそるおそるナイフで切り分けてみると、ずっしりした手ごたえがあってから、断面から大量のチーズがとろけあふれだした。外側の味つきのお米がぶあつい層をなし、熱々の中身を閉じ込めていたらしい。

カプリチョーザの「元祖シチリア風ライスコロッケ、 ミートソースがけ」
お米がぶあつく、チーズがとろーり

前菜というより、どう考えても主菜のボリューム。驚きつつも、ひときれとって食べてみる。パリパリの衣にみっしりとしたお米、真赤な色だけでなくトマトの風味もしっかりしたソース、こってりしたチーズが口の中でひとつになる。

カプリチョーザの「元祖シチリア風ライスコロッケ、 ミートソースがけ」
これで4分の1個弱ぐらい。スプーンがすっぽり隠れる

しかも、食べても食べてもなくならないのだ。おにぎり2個、いや3個分以上のお米を使っているのではないか。ランチとしてもディナーとしても十分すぎる。つまみとして楽しむなら2人以上でシェアしたい量だ。

すべて平らげたあと、すっかり満腹になってぼうっとしていると、サービスでハーブティーを淹れてもらった。独特の香りが食後のリラックスにぴったりだ。とにかく、ライスコロッケの予習は終えたと達成感。

カプリチョーザのハーブティー
ハーブティー。しみるおいしさ。