ポムの樹の「紅の夢スイーツフェア」
果肉まで赤いりんご「紅の夢」のスイーツいろいろ

果肉まで赤いりんご「紅の夢」を使ったスイーツが、オムライスチェーン「ポムの樹」で販売されている。期間、数量限定でなくなり次第終了となる。

紅の夢は、弘前大学が誕生させたりんご。果肉が赤いりんごにありがちだった「渋くて生では食べられない」という問題を解消し、酸味の効いた生食できるようにした品種とのこと。ポリフェノールの一種「アントシアニン」を多く含み、皮をむいても目に鮮やかないろどりが残る。

「紅の夢」のイメージ
弘前大学による「紅の夢」

ポムの樹では「紅の夢スイーツフェア」としてスイーツ3種類とドリンク1種類が用意されている。価格は「青森りんご紅の夢パフェ」が620円(税別、以下同じ)、「紅の夢和風パフェ」が620円、「紅の夢アップルソーダ」が500円、「ミニ紅の夢パフェ」が350円。

ポムの樹の「紅の夢スイーツフェア」
左から、青森りんご紅の夢パフェ、紅の夢和風パフェ、紅の夢アップルソーダ、ミニ紅の夢パフェ

フェア期間は2019年2月25日までが予定されている。実施店舗はポムの樹のほか「ポムズファーム」「ポムドテール」「キッチンパレット」「Pomme-no-ki cafe」「ポムズグリル」。フードコート、一部店舗は対象外。