ローソン「コッペパンひらいちゃいました チョコ&ホイップ」

以前、ヤマザキの「メロンパンの皮焼いちゃいました。」という菓子パンが話題になりましたが、このたびローソンで「コッペパンひらいちゃいました チョコ&ホイップ」が発売されました。

ローソン「コッペパンひらいちゃいました チョコ&ホイップ」
ひらいた意味とは

これは、ココア風味の生地をひらいてホイップクリームをしぼり、チョコを全面にたっぷりとトッピングして仕上げられた、何ともオープンなコッペパン。価格は150円(税込)です。

ローソン「コッペパンひらいちゃいました チョコ&ホイップ」

ちなみに製造者を見たらヤマザキでした。どうりで、メロンパンと名前が似てますもんね。

ローソン「コッペパンひらいちゃいました チョコ&ホイップ」
ネーミングセンス

生地にはむっとかぶりつくと、ほわっとしたパンを、チョコやホイップがしっとり包んで舌の上で溶けていきます。ココアとチョコのほろ苦さに、ミルキーなホイップクリームが絡んでまろやかな口あたり。ホイップが多すぎず、全体的に甘すぎないのもいい。

ローソン「コッペパンひらいちゃいました チョコ&ホイップ」
チョコが主役

ただ、ひらいたままだとかじりにくいので、結局いつものコッペパンのように折りたたんで食べました。

ローソン「コッペパンひらいちゃいました チョコ&ホイップ」
なんかごめん

とはいえ、全面にたっぷりかかったチョココーティングはひらいたコッペパンならではだし、ひらいてあることで大きく立派に見えるので(クジャク的な)、なかなか満足感は得られると思います。コッペパン好きは「邪道だ!」と言わず、一度試してみては?

ローソン「コッペパンひらいちゃいました チョコ&ホイップ」
これはこれでアリ!