ハーゲンダッツの『クリスピーサンド』シリーズから、新作「ショコラベリー」が11月3日に発売されました。“濃厚なチョコレート”と“甘酸っぱいカシス”を組み合わせたクリスピーサンドです。

ハロウィンも終わり、街はクリスマスムードに向けて一直線。「甘くて華やか」なこれからのシーズンにぴったりのフレーバーですね!

というわけで、えん食べ編集部でもさっそく食べてみました。

ハーゲンダッツ クリスピーサンド ショコラベリー
ハーゲンダッツ クリスピーサンド ショコラベリー

キラキラと輝くイルミネーションのように、まばゆいデザインのパッケージ。開けて中身を出してみると、おなじみのきつね色のウエハースのあいだから、鮮やかなピンクのカシスコーティングがのぞくショコラベリーが登場。

ピンクですね
ピンクですね

カシスコーティングに包まれているのが、チョコレートアイスクリーム。このアイスクリームの中にも、カシスの果肉をすりつぶしたというカシスソースが入っています。

赤い部分がカシスソース
赤い部分がカシスソース

まったりとした口どけのチョコレートアイスクリームは、甘みと苦みが絶妙なバランス。カカオが味わい深く、鼻から抜けていく香りも極上です。サクサク香ばしいウエハースとの相性も文句なし。

アイスクリームが舌の上で溶けてくると、キュンと甘酸っぱいカシスソースが現れ、ほんのり苦みを放ちます。このフルーティーな苦みがチョコの苦みと融合し、華やかな中にも落ち着きのあるオトナな味わいが生まれるのです。そうですね、たとえるなら…まるで人生の酸いも甘いも苦いも知りつくした“美魔女”のようなアイス。

見た目も味も美しく上品
見た目も味も美しく上品

周りにも中にもカシスがいますが、濃厚なチョコレートアイスの存在感が強いので、あくまでも主役はカカオ。「ショコラベリー」と聞いて想像していたよりも、チョコレートの主張が強いアイスだなという印象を受けました。カシスは、チョコレートの味わいをそっと引き立てるアクセント。甘さにキレの良さを与え、後味をスッキリとまとめてくれていました。

…なぜだか不思議と、食べただけで女子力が上がったような気がします。見た目も味も美しいそつのないアイス・ショコラベリー、ぜひ大人の女性に味わってほしい一品です。