突然ですが「3年」と聞いて、何を思いますか?部活に明け暮れた高校時代。就職してから初めて転職を経験するまでのがむしゃらな期間。はたまた、叶わぬ片想いに枕を濡らした甘酸っぱい青春時代…などなど、3年って短いようで、思い返してみるとけっこう長かったなぁなんて今さらながら気付いたりしますよね。

そんな「3年」という年月を費やし、ようやっと完成されたというのが今回サーティワンから発売された新フレーバー「トマッティレモンソルベ」なのです(前置きが長くなりました)…!

お待たせ!
お待たせ!

この商品は、完熟トマトとレモンのフレーバーを組み合わせたソルベ。隠し味には塩が加えてあるそうです。こんな組み合わせ、今までになかった!しかも夏限定のフレーバーということなので、こりゃ見逃すわけにはいかないと、さっそくお店へ食べに行ってみました。

店頭でも推されてる!
店頭でも推されてる!

と、サーティワンではもっか、ダブル(2段重ね)の値段でトリプル(3段重ね)が楽しめる「チャレンジ・ザ・トリプル」キャンペーンを開催中。ならばチャレンジするしかありませんよね。

フレーバーには「トマッティレモンソルベ」と、6月に発売された「チョコレートソルベ」、日本限定で7月末まで販売されている「オレオ抹茶」を重ねることにしました。なお、コーンには「ワッフルコーン」(+30円)を選択。

チャレンジ・ザ・トリプルできるのは7月30日まで
チャレンジ・ザ・トリプルできるのは7月30日まで

トマッティレモンソルベは、赤いトマトソルベと、黄色いレモンソルベを組み合わせたもの。2色のコントラストが見た目にも鮮やか、まるで夏の太陽みたいで気持ちがぱっと明るくなります!

レモンソルベは、シャリッと微細な氷を舌に感じる、清涼感のあるソルベ。酸味でキュッと甘さが引き締められています。一方トマトソルベは、レモンよりもまったり濃厚で、舌ざわりもよりなめらかに感じます。さすがは「トマトをまるごとすりつぶした」というだけある!トマトの甘みとほのかな酸味があり、その奥には控えめな塩の存在がキラリ。味・香りともに、よくトマト嫌いな人がいう“青っぽさ(野菜っぽさ)”はなく、トマトの「おいしいところ」だけを抽出してギュッと固めたような味わいです。

さっぱりとしたレモンと、まったりとしたトマト
さっぱりとしたレモンと、まったりとしたトマト

ふたつのソルベを同時に口に含むと、まず際立つのはレモンの酸味。あとからトマトの爽やかな甘みが広がり、塩はほんのり控えめで、甘さを引き立てる程度。甘すぎずしょっぱすぎず、完璧な甘×酸×塩のバランス。この完璧なバランスを叶えるために3年という月日を要したのかと思うと、なんだか納得です。

ほかのソルベ系アイスと組み合わせてもいいし、バニラやキャラメルリボンなど、しっかり甘いアイスクリームと重ねてもおいしそう。きっと、どんなフレーバーとも喧嘩しないと思います。

甘いでもしょっぱいでもない、“あまじょっぱさ”がくせになる
甘いでもしょっぱいでもない、“あまじょっぱさ”がくせになる

また、トマッティレモンソルベの下に重ねたチョコソルベは、ソルベと思えないほどなめらかで、舌に絡まる濃厚さ!カカオのどっしりとした苦みと深い甘みがありつつも、軽い口どけで後を引かないので、くどさを感じません。夏のチョコ、ここに極まれり!

トマッティレモンソルベとも合うよ
トマッティレモンソルベとも合うよ

さらにその下に重ねた抹茶オレオは、想像していた以上にしっかりビター。苦みと旨みが濃い抹茶アイスに、これまたほろ苦いオレオが練り込まれています。オレオは砕いてあるけれど1粒1粒が大きく、ゴロゴロとたっぷり入っているので相当な食べごたえ!

日本人なら1度は食べるべし!
日本人なら1度は食べるべし!

ちなみに筆者は抹茶オレオを最後に食べてしあわせだったけれど、あと口をさっぱりさせて終わりたい人は、トマッティレモンソルベを一番下にすると良いかも。組み合わせるフレーバーや順番を変えれば、楽しみ方は無限大!ぜひいろいろな味の変化を楽しんでみてくださいね。