初夏の緑とともに姿をあらわす、薄いグリーンのパッケージの“チョコミント(ミントチョコ)味”のおやつ。スーッとさわやかなミントと甘いチョコという類を見ない組み合わせで、大好きという人もいれば「歯磨き粉みたいで苦手」という人もいる、好き嫌いの分かれるフレーバーだ。

“チョコミント味”は好き?苦手?
“チョコミント味”は好き?苦手?

少し前までチョコミントと言えば、ミント色のアイスにチョコチップが練り込まれた“チョコミントアイス”が定番。しかし近ごろでは“チョコミント味”の菓子や、アイスでも一風変わったものが増えてきている。

今回は、今年5月以降に発売された“チョコミント味”の新商品6品をピックアップ。ジメッとした梅雨もスーッとさわやかな気分にしてくれそうな菓子3品&アイス3品を実食し、その味をお伝えする。

■チョコミント味のおやつ6品を食べてみた

◆ハーシーチョコプリン チョコミント

めずらしいチョコミント味のプリンは、キスチョコで有名なハーシーブランドのもの。価格は140円(税込、以下同じ)。

“チョコミント”のプリン…?
“チョコミント”のプリン…?

フタを開けると、プリンの色はチョコ色。甘いチョコの香りに混じって、スーッとしたミントの香りが漂う。

色はチョコ色
色はチョコ色

スプーンですくうと、ムースのような柔らかな質感。

形をとどめないほどの柔らかさ
形をとどめないほどの柔らかさ

口にすると、スッとしたミントの清涼感ののち、濃厚なチョコ味が広がる。食感はまるでチョコクリームのようにとろとろ。ほどよいほろ苦さも加わり、舌の上でじっくり溶かしたくなる味わい。舌の付け根にじわりと残る、ミントの余韻が心地よい。

チョコミントとひとまとめに呼ぶには惜しい、各々の主張が楽しめる一品。ミントとチョコの新しい共存関係といえる。

◆ダース ミント

おなじみダースの夏限定商品は、パッケージもさわやかなミントグリーン。価格は157円。

ダースシリーズから「ダース ミント」
ダースシリーズから「ダース ミント」

袋を開けるとさわやかなミントの香りがあふれ出すが、パッと見はいつも通りのダース。

いつも通りのダース
いつも通りのダース

カットしてみると、中には薄いグリーンのチョコが。

ビターチョコの中にミントチョコ
ビターチョコの中にミントチョコ

口にしてみると、ミントは香るものの、はじめはほろ苦い普通のビターチョコ。徐々に溶けて内側のミントチョコに達すると、舌の上をミントの鮮烈な風味が駆け抜ける。

ミントチョコにはプチプチとした食感の粒が入っており、これを潰すとより一層スーッとした味わいに。しびれるような清涼感とほろ苦い甘さがクセになる、眠気覚ましにもなりそうな一品。

◆ポッキー デミタスミント

“大人向け”として売り出されている『ポッキー デミタス』シリーズの「ミント仕立て」。価格は130円。

ミント仕立てのショートポッキー
ミント仕立てのショートポッキー

10cm弱と短めのココアプレッツェルが、チョコレートでコーティングされている。

ワンカラーのボディがクール
ワンカラーのボディがクール

サクサクとした食感のほろ苦いプレッツェルに、チョコの甘さがベストマッチ。チョコにはしっかりミントが効いており、ともすれば重くなってしまいそうなココア×チョコのあと味をすっきりとさせている。

プレッツェルの占める比率が多い分ミント感は弱め。がっつりミント!というより、ちょっとした清涼感のあるおやつが食べたいときにおすすめ。またチョコミント初心者でも比較的なじみやすい味といえるだろう。

◆板チョコアイス ミント

“チョコ好きのためのアイス”と銘打った『板チョコアイス』シリーズのミントフレーバー。コンビニ限定で販売されている。価格は151円。

コンビニ限定「板チョコアイス ミント」
コンビニ限定「板チョコアイス ミント」

袋から取り出してみると、パッと見は分厚い板チョコのよう。

分厚い板チョコのような風体
分厚い板チョコのような風体

割ってみると、ミントソースとミントアイスが層になって入れられている。

上からミントソース、ミントアイス
上からミントソース、ミントアイス

上部のチョコは厚く、パリッというよりも「バキッ」といったしっかりした歯ごたえ。一方下部のチョコは薄く、パリパリ食感を演出する。チョコ部分もアイスなので、口内の熱であっという間に溶けてなめらかになるのが面白い。加えてクリーミーなミントアイス、ジュレのようなミントソースと、ひとつでさまざまな食感と味わいが舌を楽しませてくれる。

全体としてミント感は控えめ。というより、チョコの割合が多く、アイスが溶け去ったあとにもチョコの甘さがしっかり残るため、ミントの印象が薄れてしまうのだろう。チョコ好きゆえにチョコミントも好き、という人におすすめ。

◆パナップ ダブルチョコミント

“チョコミントアイス”というとミントアイス&チョコチップが多いなか、この商品は層状のチョコが合わせられている。価格は105円。

「際立つパリパリ食感!」とのこと
「際立つパリパリ食感!」とのこと

渦巻く層状にチョコが入れられている
渦巻く層状にチョコが入れられている

甘いチョコにスーッとするミント感。まさしくチョコミントアイスという、バランスのよい王道の味わい。パリパリとしたチョコの食感が楽しい。チョコがランダムに入っているため、ひと口ごとに食感や味わいの変化があるのが特徴。

一口ごとにチョコ率が変わる
一口ごとにチョコ率が変わる

普通のチョコミントが好き、でもちょっぴり冒険してみたい…という人の第一歩に適している。

◆ハーゲンダッツ ショコラミント

ごぞんじハーゲンダッツの夏期限定フレーバー。価格は287円。

夏限定「ショコラミント」
夏限定「ショコラミント」

フタを取ってみると、チョコチップは入っているものの、ベースのアイスはまっしろ。一見したところではチョコチップアイスのよう。

固定観念を覆す白さ
固定観念を覆す白さ

口にすると、ミルキーなアイスの甘さの中に、ほのかなミントのさわやかさが感じられる。パリパリとしたチョコチップは、アイスの味となめらかさを殺さないほどよい含有率。

主張しすぎないチョコチップ
主張しすぎないチョコチップ

“チョコミント味”からイメージするほどミントの主張は強くなく、ミントはすっきりとした風味を添える程度。チョコミントは苦手、と敬遠していた人にこそ味わってほしい、上質の“チョコミント味”といえる。

■まとめ

ひと口に“チョコミント味”といっても、ものによってチョコとミントのバランス、甘みや清涼感の強さはさまざま。チョコミント大好き“チョコミン党”の人も、あまり試したことがなかった人も、この記事を参考に各々のチョコミントライフを送っていただければ幸いだ。