サントリー食品インターナショナル(サントリー)は、5月25日、日本たばこ産業(JT)の飲料自動販売機事業や、飲料の『桃の天然水』『ルーツ』ブランドを取得すると発表しました。ファンから行く末を心配されていた“ももてん”も無事、“嫁入り”することとなります。

“ももてん”&ルーツは存続決定!
“ももてん”&ルーツは存続決定!

JT が飲料事業からの撤退を発表したのは2月でした。2015年9月末をめどに、製造と販売を終了する予定としています。これを受けて、桃の天然水をはじめとする同社の商品が飲めなくなると、心配する声が上がりました。

今回ブランドの存続が発表されたのは、桃の天然水とルーツの2つのみ。サントリーの担当者によると、これらについても、JT が製造、販売する商品は9月末をめどに一旦終売となり、“サントリーらしさ”を加えたうえで再発売されるそうです。具体的な時期は未定ですが「なるべく早くお客様に届けたい」(サントリー担当者)とのこと。味やラインナップが変わる可能性もあるので、お気に入りがある人は、今のうちに十分楽しんでおきましょう。

ちなみに、JT の商品が買える自販機って結構レアなようです。コンビニやスーパーでの取り扱いも少ないようなので、見つけたときが買いどきかも。

編集部が駆け回ってようやく新宿区で捕獲した、JT 商品だけの自販機
編集部が駆け回ってようやく新宿区で捕獲した、JT 商品だけの自販機

2ブランド以外の商品については言及されておらず、なくなる可能性が高そうです。筆者個人的には、「爽快ビタミン」や「おしるこ」にはお世話になっていたので、消えるとなると寂しさを覚えます。