アメリカ・ポートランドにある“バーンサイドストリート”をイメージしたカフェ「BURN SIDE ST CAFE(バーンサイド ストリート カフェ)」が4月4日、東京・原宿にオープンします。京都や大阪で行列が絶えない人気のパンケーキカフェ「elk(エルク)」の姉妹店です。

カジュアルな雰囲気の店内では、パンケーキやフレンチトースト、ハンバーガーなど、お店自慢の料理が楽しめるそう。中でも一押しのメニューが「ホワイトスフレパンケーキ」(1,120円)。自家製のリコッタチーズを混ぜ込んだメレンゲたっぷりの生地を、分厚く焼き上げて作られる「自信作」なのだとか。

何度も試作を重ねて完成したというホワイトスフレパンケーキ
何度も試作を重ねて完成したというホワイトスフレパンケーキ

 
ただでさえパンケーキの激戦区である原宿にお店をオープンするとは、きっと自信の表れに違いない!こりゃあ気になるということで、筆者もひと足早く食べに行ってみました。

メディア向けのプレオープンに潜入
メディア向けのプレオープンに潜入

さっそくホワイトスフレパンケーキを注文すると、トッピングに「ハチミツ」または「メープル」のいずれかを選べるとのこと。今回は、対応してくれた店員さんもお気に入りだというメープルをチョイスしました。

しばらくすると、厚み3~4センチ、直径10センチほどあるふっくらとしたパンケーキが3段重ねになって登場。ローストナッツとレーズン、メープル、バターを合わせた “メープルナッツバター”がトッピングされています。

見よ、このボリューム感!
見よ、このボリューム感!

 
また、プレートには生クリームと先ほど選んだメープルが別添えで。

これがメープル。ハチミツも選べます
これがメープル。ハチミツも選べます

食べてみると、生地はほんわり柔らかな口あたりながら、ぷるんとみずみずしい舌ざわり!パンケーキのふんわり感と、スフレケーキの繊細なしっとり感を兼ね備えた極上の食感が楽しめます。

ふわふわとしっとりのバランスが絶妙!
ふわふわとしっとりのバランスが絶妙!

生地自体がシンプルな味付けなので、生クリームのコクやメープルの香ばしい甘さがいっそう映えます。パンケーキ×生クリーム×メープルと甘いものばかりを組み合わせているはずなのに、一緒に食べてもしつこくならないのは、リコッタチーズのほのかな酸味と口の中に残らずスッと溶ける生クリームのおかげ。2人でシェアしても十分なボリュームだけど、1人でもペロッといけちゃう理由もここにあり。

本当においしかった…毎日でも食べたい
本当においしかった…毎日でも食べたい

ちなみに今回食べたのは「プレーン」ですが、ほかにも「国産フルーツ」「ティラミス」「ブルーベリー」に加え、日替わりの「Today's Pancake」の全5種がラインナップ。何度でも足を運んで食べたくなりますね。

左から、国産フルーツ、ティラミス、ブルーベリー  (国産フルーツの内容は時期によって異なります)
左から、国産フルーツ、ティラミス、ブルーベリー
(国産フルーツの内容は時期によって異なります)

同店では、もうひとつ力を入れているメニューがあります。それは「コーヒー」。特に「ハンドドリップコーヒー」は、生産地や品質管理にこだわった“スペシャルティコーヒー”が100%使われているとか。日によって違うコーヒー豆が用意され、「フルーティー」「ビター」の2種類から選ぶことができるそうです。

今回筆者は「フルーティー」をオーダー。この日の豆はエチオピア産でした。

苦みも酸味も強すぎない、華やかでまろやかな味わい
苦みも酸味も強すぎない、華やかでまろやかな味わい

口に含むと、パッと広がる華やかな酸味とまろやかな甘みに包まれます。カドの立たないフルーティーな味わいは、パンケーキとの相性もぴったり。食事ももちろんですが、コーヒーだけでも飲みに来る価値のある美味しさだと個人的には思います。

これ以外にも、サクサクのスコーンで作る「自家製スコーンのエッグベネディクト」(1,200円)や話題の「メイソンジャーサラダ」(850円)、「エッグスラット」(820円)、手づくりパティを使った「BSSC ハンバーガー」(1,200円)といったフードメニューや、アメリカ・ニューヨークを中心に流行中のドリンク「コールドプレス」(980円)なども提供されます。

左から、エッグベネディクト、エッグスラット、BSSC ハンバーガー
左から、エッグベネディクト、エッグスラット、BSSC ハンバーガー

営業時間は8時30分~21時。店舗所在地は、東京都渋谷区神宮前4丁目29-9。実はあの行列店エッグスンシングスの目と鼻の先にあるのですが、エッグスンに負けず劣らずの人気店になりそうな予感です。

※表記価格はすべて税別