サッポロビールから3月10日に発売された“糖質80%オフ”の機能系新ジャンル「サッポロ グリーンアロマ」。女性向けに開発されたという、植物由来の“リラックスを感じられる香り”が特徴だそうです。

つまり、常に癒しを求めてさまよう私(筆者)のような30代女子の好みが追求されているということでしょうか?気になったので飲んでみました。

さて、癒されてみますか
さて、癒されてみますか

パッケージは新緑の季節を思わせる明るいグリーン。グラスに注ぐと、ホップとコリアンダーのスパイシーな香りの後から、オレンジピールの甘い香りがふわりと感じられます。確かに、ここまで香りの変化がしっかり感じられる発泡酒はあまりないかも。

草原にいるような気持ちの良い香り
草原にいるような気持ちの良い香り

味わいは苦みが少なく、麦芽とコリアンダー特有の風味が相まった濃厚なコクが感じられます。同じくサッポロビールから販売されている「ホワイトベルグ」とよく似た、ホワイトビール系のテイストです。

ホワイトベルグの“糖質オフ版”といったところ?
ホワイトベルグの“糖質オフ版”といったところ?

ビール好きを満足させる飲みごたえもあり、特にエスニック料理や手羽先・唐揚げなどの鶏肉料理と相性が良さそう。独特の“クセ”があるので好みが分かれそうですが、筆者と同じく三十路女子の編集部員にも「デイリーで飲みたい」と好評でした。まだ寒い日が続きますが、春を通り越して何だか夏の夕方が恋しくなる爽やかな1本です。