大丸東京店「冬のパン屋大賞」
パン屋さんが選ぶ“本当においしい冬パン”は?

大丸東京店で、ベーカリーショップのパン職人や販売員が実際に試食して選んだ“本当においしい冬パン”が発表された。

参加店は、ポール・ボキューズ、銀座 木村家、メゾンカイザー、カーラ・アウレリア、PAULの5店舗。各店から5種類ずつ、全25種類のパンのうち、おいしさやコストパフォーマンスでもっとも高評価を得て「パン屋大賞」に選ばれたのは、カーラ・アウレリアの「鶏ときのこのホワイトシチューハンバーグ」(324円)だった。

これは、もちもちの生地で鶏肉のハンバーグを包んだパン。チーズフォンデュソースときのこのホワイトシチューをたっぷりのせて仕上げられている。

カーラ・アウレリア「鶏ときのこのホワイトシチューハンバーグ」
1位は鶏ときのこのホワイトシチューハンバーグ

2位に選ばれたのは、ポール・ボキューズ「クルミとメープルのミルフィーユブリュレ仕立て」(216円)。しっとりとしたメープルパンに、香ばしいクルミを入れたもの。ブリュレ仕立てで、ほろ苦い甘さが楽しめるそう。

ポール・ボキューズ「クルミとメープルのミルフィーユブリュレ仕立て」
ポール・ボキューズのスイーツパンが2位

3位は銀座 木村家の「あんバターホイップ」(226円)。小豆とバターホイップを生地で包んだスイーツパンだ。

銀座 木村家「あんバターホイップ」
3位のあんバターホイップ

なお、4位にはシナモンが香るメゾンカイザーの「デリスペカン」(302円)、5位にはチーズをふんだんに使ったPAULの「パン・オ・フロマージュ」(410円)が選出された。

メゾンカイザー「デリスペカン」、PAUL「パン・オ・フロマージュ」
デリスペカン(左)、パン・オ・フロマージュ(右)