松屋「鶏のバター醤油炒め定食」

牛丼チェーン・松屋で、新メニュー「鶏のバター醤油炒め定食」が8月23日より提供されています。

これは、鉄板でジューシーに焼き上げた厚切りチキンを、ニンニク醤油タレと香り豊かな北海道産バターで炒めたメニュー。ご飯、みそ汁、生野菜付きで価格は630円(税込)。

バター×醤油という絶対おいしい組み合わせ。松屋がどのように仕上げてきたのか気になったので、食べに行ってきました。

松屋「鶏のバター醤油炒め定食」の看板

発売から1週間は本メニューに限りライス大盛りが無料。せっかくなので大盛りを頼みます。

松屋「鶏のバター醤油炒め定食」食券
発売から1週間はご飯大盛りが無料!

すぐにニンニクの匂いが食欲をそそるバター醤油炒めが到着。青ネギがさわやかな色みを添えています。

松屋「鶏のバター醤油炒め定食」
丼ご飯が頼もしい

松屋「鶏のバター醤油炒め定食」
大きめにカットされた鶏肉がどっさり!

鶏はプリッと柔らかく、うまみたっぷり。濃いめの醤油ダレの味をバターがまろやかに包んでいます。こってり濃厚な味わいで、ご飯が進む!ニンニクの風味もかなり効いています。

松屋「鶏のバター醤油炒め定食」
濃いめの醤油味でご飯が進む

ほどよい火通しの玉ねぎもおいしい。甘みが引き出されつつ、シャキッとした食感も楽しめます。

松屋「鶏のバター醤油炒め定食」
玉ねぎもおいしいよ

また肉を食べ終わった段階で、ご飯が少し残るように調整しながら食べることをオススメします。なぜなら、残ったタレをご飯にかけるとメチャクチャおいしいからです。

松屋「鶏のバター醤油炒め定食」
普通に食べるとタレが結構残ってしまいます

ちょっと残った肉片や野菜片とともに、タレをご飯へ…

松屋「鶏のバター醤油炒め定食」
かけすぎないよう注意

松屋「鶏のバター醤油炒め定食」
プレートに残ったニンニク片もかき集めて

鶏肉の存在がないぶん、バターの風味が際立って感じられます。バターのコクが米ひと粒ひと粒を包んでいるような、まろやかなおいしさ。もちろん鶏やニンニクの旨みもしっかり溶け込んでいます。クセになる味に汁気の食べやすさが相まって、いつまでも食べ続けられそう。

松屋「鶏のバター醤油炒め定食」
混ぜてなじませても良し

そういう訳ですので、ご飯は大盛り推奨。8月30日15時までは大盛り無料ですので、このチャンスにぜひ“タレご飯”を楽しんで下さいね。