ハーゲンダッツ ミニカップ「珈琲バニラ」
待ちに待った「珈琲バニラ」が今年も!

ハーゲンダッツのミニカップ「珈琲バニラ」が7月26日より販売されています。2014年・2015年も発売され好評だったことから、今年も満を持して復活!期間限定です。

ミニカップ「バニラ」と同じ濃厚なバニラアイスクリームに、コロンビア産のコーヒー豆を使ったコーヒーソルベを組み合わせたもの。種別は「アイスミルク」、1食あたりのカロリーは178kcalです。

ハーゲンダッツ ミニカップ「珈琲バニラ」
バニラアイスとコーヒーソルベがうずまき状に

過去の発売後の調査で「満足度92%」を叩き出したという人気のフレーバー。ひと口食べた瞬間、鼻からふわっとコーヒーの香りが抜け、すっと溶けるコーヒーソルベのほろ苦さと、舌に少し長く残るバニラアイスの甘みが一体となって“高級デザート感”を演出します。

それでは以下、珈琲バニラを初めて食べる編集部スタッフの正直レビューをお届けいたします。



スタッフA:パッケージデザインのコーヒーフロート感がいいですね。
スタッフB:デザートドリンクっぽいアイスなのかな。

ハーゲンダッツ ミニカップ「珈琲バニラ」
コーヒーフロート風アイス?

A:おっ。2層のぐるぐるが贅沢ですね。
B:正直、1色より2色の方がフタ開けたときテンション上がる。

ハーゲンダッツ ミニカップ「珈琲バニラ」
2つの味が楽しめる

A:(ひと口食べて)…うんま~い…!コーヒーソルベにちゃんと苦みがあっておいしい。食べたあと、口の中がコーヒーを飲んだあとみたいになります。
B:コーヒーのとこがうま~い。バニラはいつもの安定したおいしさ。
A:私コーヒーって甘いものがあるときしか飲まないので、甘いの(バニラ)とコーヒー(ソルベ)が一緒にいるのがすごく嬉しいです。コーヒーと甘いおやつの組み合わせが、この1カップで完成されてる。

ハーゲンダッツ ミニカップ「珈琲バニラ」
午後のおやつがこれひとつで完結

B:いつも思うけど、ソルベのなめらかさが他のアイスにはないよね。スッと溶ける!苦いけど口どけがいいから「にがっ」てならないのかも。
A:言われなければシャーベット(ソルベ)ってわからないくらいなめらかですよね。

ハーゲンダッツ ミニカップ「珈琲バニラ」
ソルベがめちゃくちゃなめらか

A:アイスとソルベをそれぞれ単体で食べてもおいしいんだよなぁ。そしてアイスとソルベを一緒に食べると、コーヒー牛乳みたいな味じゃなくて、カフェで飲むラテの味がしますね。
B:バニラの甘みがコーヒーの苦みでスパッと切れるから、あと味もさっぱりしてる。
A:ソルベはただ苦くしただけじゃなくて、コーヒーの香りや味わいがちゃんと出てますね。コーヒーが苦手な人は、このアイスがコーヒーへの入り口になりそう。

A:うまいなー。あと味がすごくさっぱりしてるから、ずっと食べれちゃう。
B:後半カップを握ってる手の熱でちょっと溶けてきたところを食べるのがまためちゃくちゃおいしいね。もうペロリだわ。

ハーゲンダッツ ミニカップ「珈琲バニラ」
スタッフのお気に入りは「バニラ1:コーヒー2」くらいのバランス

A:ハーゲンダッツの歴代アイスの中で暫定1位といっていいかも。ここ数年で食べたハーゲンダッツで一番好き。
B:私もこれリピートする。

●食べたいシーン

A:冷房がきいた部屋から外に出た「むわっ」とした空気を感じながら食べたい。こってりとさっぱりが混ざり合ってるこのアイスと、自分の体内に暑さと冷気が混ざり合ってる状態がシンクロするから。
B:暑い夏の午後、ちょっとお金持ちの友人の邸宅でマダムに「外暑かったでしょ?どうぞ」って出してほしい。