銀座ニューディッシュ「焼きムースドリア」
オムライスではありません、ドリアです!

“予約が取れないフレンチ”ともいわれる「レストランOGINO(オギノ)」のオーナーシェフ、荻野伸也さんが監修を務める東京・銀座のデリ&カフェ「nu dish Mousse Deli & Cafe(ニューディッシュ ムース デリ アンド カフェ)」。ここで、ふわっふわのたまごとトロットロのチーズが熱々のごはんに絡む、絶品「焼きムースドリア」が提供されています。

ディナータイムに訪れた人の8~9割が注文するという人気メニューにして、筆者がこれまで食べたことのあるドリアの中でもっともドリアらしからぬドリア。ですが、一度食べるとその多層的な味と食感の虜になってしまうのです…!
 

◆オムレツとドリアのイイトコどり

焼きムースドリアは、ふっくら炊かれたごはんにたっぷりのとろけるチーズを絡め、ふわっふわに泡立てた卵液(たまご2個分)をかけてオーブンで焼き上げたもの。具材には、トマトと牛ひき肉(ソーセージを粗く崩したもの)がごろごろ入っています。また、天面の中央にはオリジナルのカレーアンチョビバターが鎮座。

銀座ニューディッシュ「焼きムースドリア」
焼きたて熱々の焼きムースドリア

ほんのりパセリが香るカレーアンチョビバターを熱で溶かしながら、全体にのばしていただきます。

銀座ニューディッシュ「焼きムースドリア」
パセリとバターの香りが食欲をそそる

銀座ニューディッシュ「焼きムースドリア」
スッ…

ひと口ほお張った瞬間、スパイシーでエスニックなカレーの香りがふわり…食欲を焚きつけます。次に感じるのはフワッと厚みのあるたまごの口あたり。まろやかな味もやさしい…!

運ばれてすぐは中のたまごにトロッととろみがありますが、少し時間が経つと熱が通って、よりふわふわのオムレツに近い状態になります。この食感の変化も最後まで飽きずに楽しめるポイント!

銀座ニューディッシュ「焼きムースドリア」
できたてはトロトロ、しばらくするとフワフワに

表面に近い上の層はまるでオムレツですが、底へ掘り進めるにつれてドリアの様相を呈してきます。たっぷりのチーズがごはん1粒1粒にしっかりまとわりついて、噛むたびにもったりと広がるコク。ホワイトソースなどは使われていないので、ギュッと凝縮されたチーズのうまみがダイレクトに届きます。めちゃくちゃおいしい!

ここにフレッシュなアクセントを加えるのがトマトの酸味。さらに、キリッとブラックペッパーの辛みが効いた粗挽き肉が食べごたえを与えています。

銀座ニューディッシュ「焼きムースドリア」
具材たっぷりのチーズまみれごはん、最高です

焼きムースドリアの価格は1,200円(税込)、ディナータイムのみの提供です。

◆デザートには「パルフェサンド」

ふわふわドリアを食べたあとには、同じく「ふわふわ食感」がコンセプトのデザート「パルフェサンド」もぜひ。泡立てた生クリームがベースとなった手づくりアイスクリームを、ダックワーズ生地でサンドしたものです。ドリア同様、ふんわりとした口あたりの良さが特徴。

銀座ニューディッシュ「パルフェサンド」
ふわふわ食感が楽しめるデザート

濃厚なチョコレートアイスクリームと砕いたナッツをサンドした「ショコラ ナッツ」、甘酸っぱいラズベリーアイスクリームと果肉をサンドした「ラズベリー レモングラス」、ココナッツフレーバーを加えたマンゴーアイスクリームをサンドした「マンゴー ココナッツ」の3種がラインナップ。価格は各500円(税込)です。

かじるとシュクッと軽い食感のダックワーズは、噛むともっちりとした歯ごたえ。中からフワッとやわらかな口どけのアイスクリームがあふれ出します。中でもマンゴーは甘ずっぱくてジューシーで、夏にぴったりの味わい!

銀座ニューディッシュ「パルフェサンド」マンゴー ココナッツ
これからの季節におすすめです

お酒も提供されているので、銀座近辺にお勤めの方は仕事帰りにサクッと立ち寄ってもよし。銀座でショッピングを楽しんだあとに、ゆったりと荻野シェフ監修の味に舌つづみを打つのもまたよし、です。女子会プランなどもあるそうですので、気になる方はお店へ問い合わせてみて。