“旅先”でしか買えない日本酒「旅酒」
“旅先”でしか買えない日本酒「旅酒」

日本酒の新たなブランド『旅酒~TABI-SAKE~』が登場した。全国22か所の酒蔵の協力を得てつくられた、“旅先”でしか買えない22種が、6月1日から本格的に展開される。価格は900~1,200円。

旅酒シリーズは、ボトルやラベルのデザインを統一し、各観光地限定で販売される日本酒。インバウンド向けに開発されたもので、浅草や日光など外国人によく知られたスポットだけでなく、平泉・花巻、唐津、彦根など、全国の“紹介したい場所、訪ねてほしい街”を厳選したそう。

それぞれに1番から始まる通し番号がついており、シリーズとして集める楽しみも期待できる。

日本酒の製造は、その観光スポットが存在する都県の酒蔵が担当している。例えば、「旅酒1番 日光」は、340年以上の歴史を持つ“県内最古”の蔵元、第一酒造(栃木県佐野市)が担当。「旅酒22番 萩」は、「長陽福娘」を代表銘柄に持つ岩崎酒造(山口県萩市)が担当している。

“地域密着”系の蔵が多い印象
“地域密着”系の蔵が多い印象

販売は、各地の旅館やホテル、みやげ物店で。訪日外国人観光客がターゲットとのことだが、国内旅行のお土産としても良さそうだ。