誰もが知ってる名物の、陰に隠れた“ひそかな名品”を紹介する連載。14品目は餃子の王将の「天津炒飯(テンシンチャーハン)」。

店名に冠する通り、餃子の王将の看板メニューは餃子。テイクアウト惣菜としても人気が高い。

なんといっても「餃子の王将」ですし
なんといっても「餃子の王将」ですし

今回紹介する天津炒飯は、チャーハンにカニ玉をのせ、あんをかけたご飯ものの定番メニュー。価格は580円(税込)。

あんは甘酢、塩ダレ、京風ダレの3種から選べる。京風ダレって何だろう…。気になるところだが、今回はスタンダードな甘酢タレをチョイスした。

タレ(あん)が3種から選べる
タレ(あん)が3種から選べる

深さのある皿の中央に、こんもりドーム状に盛られたチャーハンとそれを覆うカニ玉。さらに上からかけられたあんが表面を艶めかせ、周囲をぐるりと満たしている。

あんで艶めくカニ玉
あんで艶めくカニ玉

お皿は浅めの丼みたいな感じ
お皿は浅めの丼みたいな感じ

たまごスープ付きだった
たまごスープ付きだった

要素はあん、カニ玉、チャーハンの3つ。

甘酢あんは、ケチャップに通ずるフルーティーな甘酸っぱさ。とろみがあり、口の中にゆっくりとその味わいを広げる。

カニ玉はふんわりとオムレツのようにやわらか。面積が広いのでオムライスのように薄焼きかと思いきや、結構分厚くタマゴの甘みが感じられる。

厚みがあってフワフワ!オムレツみたい
厚みがあってフワフワ!オムレツみたい

そしてほどよい硬さのチャーハン。チャーハンのおいしさは硬さによる部分も大きいと思うが、これは理想的。焼豚入りで、噛むとコクのある旨みがしみ出す。やわらかいカニ玉との食感の違いも楽しめて良い。

チャーハンのお手本のような味と食感
チャーハンのお手本のような味と食感

それぞれの量を調整すれば、ひと口ごとに味わいを変化させることも可能。甘酢あんたっぷりのジューシーなひと口を演出したり、チャーハンのみで食べたり。飽きが来ない。

お好みのバランスで…
お好みのバランスで…

なおチャーハンではなく白いご飯を使った「天津飯(テンシンハン)」(税込480円)もある。こちらの方が一般的でより人気のメニューと思われるが、濃厚な味わいが好きな人はぜひ天津炒飯を試してほしい。

≫【これ知ってる?】の記事をもっと見る