クラスで1番目立つ子に、恋をするとは限らない。

誰もが知ってる名物の、“陰に隠れたひそかな名品”を紹介していく連載。1品目は、ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)の「ビスケット」。

ケンタッキーの「ビスケット」をご存知?
ケンタッキーの「ビスケット」をご存知?

ケンタッキーといえば、店名のとおりフライドチキンが主力商品。「オリジナルチキン」をはじめ、スパイシーに仕上げた「レッドホットチキン」、食べやすい「骨なしケンタッキー」などがラインナップしている。

ケンタッキーといえばチキン  (画像出典:KFC公式サイト)
ケンタッキーといえばチキン
(画像出典:KFC公式サイト)

今回紹介するビスケットは、ケンタッキーの定番サイドメニュー。1987年に初登場し、以来途切れることなく提供されている。価格は1個200円(税込)。期間限定でフレーバー商品が登場することもあり、近年では2014年・2015年の秋に「パンプキンビスケット」が販売された。

ビスケットというと、クッキーのような甘い焼き菓子を想像する人もいるかもしれない。しかしケンタッキーのビスケットは、アメリカ南部発祥のパンの一種。それ自体に甘みはなく、付いてくる“特製ハニーメイプル”をかけて食べる。

1個につき、「特製ハニーメイプル」1袋付き
1個につき、「特製ハニーメイプル」1袋付き

ドーナツのように中央に穴が開いた円柱形で、サイズは女性の手のひらくらい。

中央に穴の開いた円筒形
中央に穴の開いた円筒形

高さがあり、そのままではやや食べづらい。割り開くと食べやすく、またハニーメイプルもしみ込みやすくなる。

真ん中あたりに指を入れ、
真ん中あたりに指を入れ、

ぱかりと2つに
ぱかりと2つに

開いた面にハニーメイプルをかける
開いた面にハニーメイプルをかける

表面はパイのようにサックリ。内側はしっとりとしており、ぽろぽろとこぼれたり、口の中の水分がとられることはない。かといって油っぽさはなく、さっぱりと軽い。

だからこそ、ハニーメイプルがよく合う。“特製”の名にふさわしい豊かな風味と深い甘みが生地にしみ込み、よりしっとりなめらかな口どけを演出する。


チキンとの相性も良い。今回は、半分にカットした「骨なしケンタッキー」(税込250円)をのせ、さらに上からハニーメイプルをかけてアレンジ。

チキンをのせて
チキンをのせて

ハニーメイプルをかける
ハニーメイプルをかける

さっぱりとしたビスケットは、ジューシーなチキンの肉汁をもしかと抱きとめる。コショウの効いたチキンの旨みとハニーメイプルのコク深い甘みがマッチし、“甘じょっぱウマい”味わいに。好みは分かれるかもしれないが、個人的にはかなりオススメ。

うまいよ
うまいよ

ハニーメイプルで食べてよし、チキンと合わせても良し。その人気から、Web上には再現レシピもあふれるビスケット。ケンタッキーを訪れた際は、ぜひ“本家”を味わってほしい。

※商品のラインナップ・価格は2016年2月現在のもの

≫【これ知ってる?】の記事をもっと見る