エスニックファンを誘う、魅惑の香り…
エスニックファンを誘う、魅惑の香り…

冬はお鍋がおいしい季節。東京ディズニーリゾートオフィシャルホテル「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」(千葉・舞浜)のブッフェレストラン「グランカフェ」(1F)では、2月29日まで「世界の鍋フェア」が開催されています。

それだけだったら「へぇ~お鍋か、おいしそう」くらいにしか思わなかったんですが、今回のフェアではみんな大好き「チーズフォンデュ」をはじめ、ラム肉を煮込んだお鍋や、パクチーたっぷりのトムヤム鍋といった国際色豊かな面々がずらりとラインナップ。中でも、大のタイ料理好きとしてはトムヤム鍋が気になってしまい…!

来ちゃった
来ちゃった

ちょっと足を伸ばして、グランカフェのランチブッフェを食べに来ちゃいました!

●昨年(2015年)からタイ出身のシェフが就任していた

2015年9月、グランカフェのシェフにタイ出身のChef X(シェフエックス)が就任。スパイのコードネームのようなお名前は“通称”で、本名は、アッタポル・ナイトー・タントンさんというそうです。ちなみに奥様は日本人で、内藤(ナイトウ)さんとおっしゃるそう。

シェフエックスは東南アジア料理やイタリア料理、さらにはオーストラリア料理まで幅広いジャンルを得意とするそうですが、やっぱりタイ出身ということで、スパイスや香草をたっぷり使った東南アジア料理に否が応でも期待が高まります。

●“世界の鍋”は日替わりで2~3種類を提供

世界の鍋フェアでは、全5種のお鍋から日替わりで2~3種類が提供されます。今回取材させていただいたのは、スイスのお鍋「チーズフォンデュ」と、ニュージーランドのお鍋「ラムシャンクの柔らか煮込み」、そしてタイのお鍋「タイ風シーフードトムヤム鍋」の3品。

【チーズフォンデュ】
チーズを白ワインではなくレモン汁などで煮込み、子どもでも食べやすく仕上げてあります。ひと口サイズのバゲットや、にんじん、ブロッコリー、じゃがいもなど色とりどりの野菜をディップして。

チーズフォンデュセットをゲット!  (お皿は写真撮影用に特別に用意してもらったものです)
チーズフォンデュセットをゲット!
(お皿は写真撮影用に特別に用意してもらったものです)

とろっとろのチーズは、舌に少しのザラつきを感じるほど濃厚!ワインは入っていないのに芳醇な香りがするのは、凝縮されたチーズから出るほどよい“発酵感”のおかげかも。

この中で溺れたい…
この中で溺れたい…

チーズと最高に相性のいい野菜たち
チーズと最高に相性のいい野菜たち

この「どろみ」すらある濃厚チーズを、カリッと香ばしいバゲットや、シャキシャキの野菜にたっぷり絡めてほお張る幸せといったら…!

チーズの香りと深いうまみがどっぷりと押し寄せます
チーズの香りと深いうまみがどっぷりと押し寄せます

【ラムシャンクの柔らか煮込み】
骨付きのラムのスネ肉を、豆や野菜と一緒にブイヨンで煮込んだもの。セロリやハーブの風味を効かせて仕上げられています。

骨付きのラム肉がごろっと煮込まれてる
骨付きのラム肉がごろっと煮込まれてる

コトコト煮込まれたラム肉は、岩みたいにゴツイ見た目に反してふわっととろける柔らかさ!はじめの食感はスペアリブのようにやや弾力があるのですが、口の中で噛むとほろほろっと崩れていきます。爽やかなローズマリーの香りとともに広がる肉のうまみは極上。にんじんや豆などの野菜もトロトロです。

ブッフェとは思えないほど豪勢なワンプレート
ブッフェとは思えないほど豪勢なワンプレート

ケモノっぽい臭みもありません!
ケモノっぽい臭みもありません!

【タイ風シーフードトムヤム鍋】
今回、筆者がもっとも楽しみにしていたお鍋です。タイの代表料理のひとつ“トムヤムクン”がベースとなっているのですが、“うどん”を組み合わせて食べるというユニークな一品。もやしとパクチーを自由にトッピングできます。

うどんを盛って、その上からトムヤムスープを流しかけるといいかも
うどんを盛って、その上からトムヤムスープを流しかけるといいかも


食べる前からおいしいのが分かる
食べる前からおいしいのが分かる

…これは本当にタイ料理(トムヤムクン)を愛する人にこそ、ぜひ味わって欲しい。ひと口食べた瞬間、シェフの本気を感じすぎるおいしさに感動すら覚えました。容赦ない辛み、これをまろやかに包むココナッツミルクの甘み、パクチーの香り、すべてにおいて本格的。大ぶりの海老をはじめ、歯ごたえの良いキノコや玉ねぎなど具だくさんなのも嬉しい!

たくさんの具材から染み出たうまみもあろう
たくさんの具材から染み出たうまみもあろう

刺激強めに仕上げられたトムヤムクンは、ツルツルもちもちのうどんと組み合わせることで辛みが程よく中和されます。タイのトムヤムクンと日本のうどんがこんなに相性良いなんて!

●各テーブルに1個もらえるパンが絶品

鍋フェアとは関係ないのですが、各テーブルごとに1個ずつもらえるパンが絶品だったのでご紹介します。今回のパンは、抹茶とかのこ豆を使って焼き上げたものだそう。

ふわっふわでもちもちのパン
ふわっふわでもちもちのパン

温かいまま提供されるパンはふわっふわに柔らかく、手で割くと繊維が糸を引くほどモチモチしています。抹茶が練り込まれたほろ苦い生地が、ほっくり甘いかのこ豆を包んでちょうどいいバランスに。甘さはかなり控えめなので食事にも合います。

●スイーツは月替わり--胃袋が足りない!

心ゆくまで世界の鍋を堪能したら、スイーツコーナーへ。月替わりのケーキや和菓子たちがずらりと並んでいます。もはや胃袋がいくつあっても足りませんね…はちきれても食べるけど。

苺のタルト
苺のタルト

雪だるまショートケーキ
雪だるまショートケーキ

わらびもち
わらびもち

大人用のカウンターの下には、キッズ用のスイーツコーナーも(キッズ用スイーツは月替わりではありません)。お菓子やケーキが低い位置に並べられているので、小さな子どもでも手が届きます。

大人が取るにはしゃがむ必要あり
大人が取るにはしゃがむ必要あり

また、自分ですくって盛り付けられるアイスクリームも用意されています。好きなフレーバーを組み合わせて、コーンも自由にトッピングして。

カスタマイズが楽しい!
カスタマイズが楽しい!

ブッフェに並ぶメニューは全部でおよそ70種類。家族やお友達と足を運んで、いろんな料理をシェアしながら食べるのも楽しそうですね。

ランチブッフェの開催時間は、11時30分~14時30分(土日祝は15時まで)。価格は大人3,600円(土日祝は4,200円)、9~12才が2,300円、4~8才が1,600円、いずれも税込。プラス800円でドリンクバーの飲み放題も付けられます。

なお、来たる2月17日は「サンクスデー」と称し、大人料金が1,000円引きの2,600円となるそう。この内容でこの価格は相当お得だと思いますので、ランチタイムの予定が空いている人は足を運んでみてはいかが。