“豚肉に合うワイン”「ポルコ ティント 2012」と“魚介に合うワイン”「ガゼラ」が、2月16日にサントリーワインインターナショナルから発売される。価格はいずれもオープン。

左から「ガゼラ」「ポルコ ティント 2012」
左から「ガゼラ」「ポルコ ティント 2012」

ポルコ ティント2012は、豊かな果実味とやわらかな渋み、程よいスパイシーさが特徴の赤ワイン。名前の「ポルコ」はポルトガル語で「豚」を意味し、肉類の中でもとくに豚肉の旨みを引き立てるよう仕上げられているそう。アルコール度数は13.5%。

一方のガゼラは、フレッシュな酸味と軽やかであっさりとした味わいが特徴の白ワイン(微発泡)。刺身やカルパッチョ、てんぷらなどの素材を活かした魚介料理と相性が良いのだとか。アルコール度数は9%。

いずれもポルトガルのワインメーカー「ソグラペ社」との共同開発商品となっている。

スタイリッシュかつ分かりやすいラベル
スタイリッシュかつ分かりやすいラベル