「ナボナ」は、ある年代以上の人にとっては、特別な思い入れのあるお菓子のはずだ。そう、私たちにとってナボナは「お菓子のホームラン王」なのだ。

 
「ナボナ」はお菓子のホームラン王 
森の詩もよろしく!
 
だけど、王さんが「ホームラン王」だったのは、実はもう35年も前のこと。1977年、王さんはホームラン50本、打点124で2冠王となった。王さんがホームラン王のタイトルを取ったのはこの年が最後。翌1978年には広島カープの山本浩二さんが、そのまた翌年の1979年には阪神タイガースの掛布雅之さんがホームラン王になっている。
 
そんなふうに野球界のホームラン王は移り変わってしまったけど、お菓子界のホームラン王はいまでもナボナだ。そう思っているのは、私だけじゃないはずだ……そうですよね??
 
さて、そのナボナを販売する亀屋万年堂は、ホームラン王であり続けるために努力を惜しまない。同社は最近、ナボナを「新ナボナ」にバージョンアップした。新ナボナのラインナップは、もっとも人気の高い定番の「チーズナボナ」、ちょっと目先の変わった「カラ―ナボナ」、それに季節ごとに中身が入れ替わる期間限定販売の「季節ナボナ」の3種類になった。
 
新ナボナのラインナップ
 
その中の1つ、「季節ナボナ」が7月17日「夏メニュー」に切り替わる。今回のメニューは、「ヨーグルトクリーム&マンゴージャム」。この夏流行りまくってるマンゴーを取り入れた製品だ。
 
 
筆者は7月16日、この新メニューが発売されるといううわさを聞きつけて、亀屋万年堂に赴いた。だが、残念ながら新メニュ―の発売は16日には間に合わず、17日に延期されたということだ。
 
手ぶらで帰るわけにもいかないので、カラ―ナボナ(左)とチーズナボナ(右)を購入。
いつもと変わらないおいしさでした!
 
17日以降、亀屋万年堂にいけば、新メニューが店頭に並んでいるはずです。期間限定なので、お早めに!
 
亀屋万年堂