三陸鉄道とネスレ日本から、世界初の“切符になるキットカット”「ネスレ キットカット ミニ 切符カット」が、6月16日に発売される。想定価格は108円(税込)。

世界初、キットカットが切符になる!
世界初、キットカットが切符になる!

切符カットは、三陸鉄道の開業30周年と全線運行再開を記念し、両社のコラボにより製作されたもの。三陸鉄道全線・全駅間を対象に、190円分の乗車券として使用できる。

三陸鉄道は、2014年4月にようやく全線での運転が再開された。その最後の普及区間だった北リアス線 鳥越-田野畑間の乗車運賃に相当する額が190円だったことから、切符カットの使用可能価格としたそうだ。

乗車券として使用するには、切符カットの外箱を切符売場または運賃支払い時に渡す。190円を越える区間では差額を払う必要がある。また190円未満の場合でもつり銭はもらえない。使用可能期間は2015年5月31日まで。販売店は、全国の鉄道系コンビニ、東京タワー「キット、ずっとミュージアムカフェ」物販コーナーなど。