東急ハンズは、渋谷店「人工衛星カフェ」が大盛況だったことから二匹目のドジョウを狙っているのか、“深海”にスポットを当てた「深海ラボカフェ」で味を占めたのか、今度は梅田店で期間限定カフェをオープンする。テーマは再び“人工衛星”で、場所は梅田店10階にある「ハンズカフェ」。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の協力を得て、4月26日から5月31日まで「人工衛星カフェ」となる。

梅田店の人工衛星カフェでは、人工衛星による地球の画像や宇宙服などの展示、宇宙にちなんだワークショップ開催、宇宙食などの宇宙グッズ販売を行う。期間限定のオリジナルメニューも用意しているそうだ。

渋谷店で開催した人工衛星カフェのようす
渋谷店で開催した人工衛星カフェのようす

また、漫画家の和田ラジヲさんが描き下ろした、JAXA の各種人工衛星をキャラクタ化というか擬人化したイラストも楽しめる。例えば、陸域観測技術衛星2号の「だいち2号クン」は「地球の顔色を常に伺っている用心深い男」だったり、全球降水観測計画の主衛星「GPM クン」は「日本人とアメリカ人のハーフ。雨の量をピタリと言い当てるエリートビジネスマン」だったりと、その人工衛星の役割を知っているとニヤッとする性格付けとなっている。

さまざまな人工衛星キャラクタ  右は作者の和田ラジヲさん
さまざまな人工衛星キャラクタ
右は作者の和田ラジヲさん

なお、来店者には人工衛星キャラクタのオリジナルコースターがプレゼントされる。ただし、数量限定なのでお急ぎを。

数量限定の人工衛星オリジナルコースター
数量限定の人工衛星オリジナルコースター