お菓子研究家福田里香氏による「フード理論」3原則の中に、「悪人は食べ物を粗末に扱う」というものがあります。

諫山創氏によるコミック「進撃の巨人」の巨人は、この原則に従っており、人間を食べてもそれを栄養として吸収しないのだそう。巨人は、悪人でもあったわけです。

さて、その悪人である"巨人"を、愛情と栄養の詰まった見事な"キャラ弁"とした方がいらっしゃいます。その方の名前は笑子さん。イラスト投稿サイト pixiv で「進撃の巨人」をモチーフとした「進撃弁当」を公開されています。

これが笑子さんによる「進撃弁当」
これが笑子さんによる「進撃弁当」

笑子さんは、進撃弁当の製作工程も公開されています。それによれば、巨人の顔のベースとなっているのは白米。その上にカニカマ(?)を並べ、巨人の顔のむき出しになった筋肉を再現しています。鼻の部分はソーセージ、目は海苔で描き、歯は海苔の上に1粒1粒丁寧に並べられた白米で表現しています。

白米で顔のベースを作成し
白米で顔のベースを作成し
カニカマでむき出しの筋肉を再現
カニカマでむき出しの筋肉を再現
巨人の歯を、1本1本、お米で描いていきます
巨人の歯を、1本1本、お米で描いていきます
おかずも詰めたら、「進撃弁当」の完成!
おかずも詰めたら、「進撃弁当」の完成!
 
笑子さんは、このキャラ弁の製作について「 歯(米粒)を並べるのが地味に面倒でした」と書かれています。

わかります。

「進撃の巨人」の"巨人"って、歯の本数が多すぎですよね。人間の歯の本数は32本。ネコは30本で犬は42本。哺乳類では多い方とされる豚だって44本。でも巨人さんは、人(?)によっては80本を超えている方もいらっしゃる。この異常な歯の本数は、生物としては、ちょっとあれなんじゃないでしょうか?


それはともかく、人を食らう巨人を、キャラ弁にして「食ってしまおう」という笑子さんの発想、とてもすてきです。