あずきバーは立体機動装置に適さず、また超硬質ブレードの代わりにはならないと分かりました。奥に入り込み取れなくなる恐れがあるそうです。


それは残念だ…
それは残念だ…

立体機動装置は、人気コミック「進撃の巨人」に登場する、巨人と戦闘する際に使用する機器。“腰のベルトにあたる部分に装着するワイヤー射出機と、ワイヤーの射出及び巻取りの操作、巨人に肉薄した際に白兵戦を挑む為に使われる刀身を装着できる柄の機能を兼ね備えたグリップ、そして柄に装着する刀身を収納する大型ケースとカードリッジ式のガスボンベからなっている。”(出典:ニコニコ大百科)

井村屋公式 Twitter アカウントでは、よくある質問という「あずきバーは立体起動装置に挿せますか?」に対し、「挿せるか挿せないかでいったら挿せますが、奥に入り込んで取れなくなりますし、期待されている超硬質ブレードの代わりにはなりません」と回答しています。

あずきバーで斬りつけても“べたっ”てなるだけ?うなじの辺りから甘い香りのする巨人には会えそうにありませんね…。