フリトレーの Web サイトを見ると、同社が様々なブランドとコラボした新奇な商品を次々と送り出してきたことがわかる。日本のサイトだけを見ても、そのコラボ対象は「きゅうりのキューちゃん」「テングビーフジャーキー」「リラックマ」「笑笑」など、多岐に渡っている。

商品名にも奇抜なものが多い。例えば、「冷やし中華はじめました」「キムラ君はじめました」などだ。前者はおそらく冷やし中華の名店とのコラボだろうと想像がつく。だが後者に関しては、ぱっと見ただけでは一体何とコラボした商品なのか想像さえつかない。
 
そんなフリトレーが、中国でペプシコーラとコラボした商品を発売した。その商品名は、「ペプシコーラ チキン味 ポテトチップス」。ペプシコーラとチキンの味を同時に楽しめるポテトチップスだ。米国メディア AdvertisingAge が伝えている。
 
中国で発売された「ペプシコーラ チキン味 ポテトチップス」
中国で発売された「ペプシコーラ チキン味 ポテトチップス」
 
同メディアによれば、中国では「コーラチキン」というメニューは珍しくないものだそう。チキンをコーラや醤油、それにスパイスなどと炒めることで、柔らかく、臭みの無い肉料理ができるのだという。
 
料理にたっぷりのコーラを注ぐことで
料理にたっぷりのコーラを注ぐことで
 
臭みの無い、柔らかい肉料理ができる
臭みの無い、柔らかい肉料理ができる
 
中国で PepsiCo の最高マーケティング責任者を務める Richard Lee 氏は、「ペプシコーラ チキン味 ポテトチップス」について次のように述べている。
 
「我々は、コーラチキン味の商品を出すことがクールだと考えた。中国では人気のメニューだからだ。また、我々の持つもっとも象徴的な飲料のブランド名が商品名に入っているのもクールだと思う」
 
さて、では「ペプシコーラ チキン味」のポテトチップスはどのような味なのだろうか?AdvertisingAge は、その味を次のように評している。
 
「その味はバーベキュー味に近く、後味は甘い。コーラの味はしなくもないが、炭酸飲料に特徴的な泡立ちはない」
 
フリトレーはその他、レモンティー味、きゅうり味、スーラータン味のポテトチップスも中国で発売したということだ。