Milk Truck(ミルクトラック)」は、屋根に巨大な「おっぱい」が取り付けられたトラック。でも、牛乳配達をするトラックではありません。実はこのトラック「移動授乳車」なのです。

Milk Truck を製作したのはアーチストであり、米国ペンシルベニア州ピッツバーグのカーネギーメロン大学の職員でもある Jill Miller 氏。Miller 氏は、乳児の食事の権利を擁護する目的で、古いアイスクリーム販売車を改造してこの移動授乳車を作ったそうです。
 
屋根に巨大「おっぱい」の取り付けられた「Milk Truck(ミルクトラック)」
屋根に巨大「おっぱい」の取り付けられた「Milk Truck(ミルクトラック)」
 
Milk Truck は2011年のイベント Pittsburgh Biennial で活用されました。Miller 氏は、そのときの活用例をあげています。例えば、女性がレストランで食事中に子どもへの授乳が必要になったとします。女性は Twitter を利用して Milk Truck にレストランの場所を投稿。Milk Truck はそのレストランに急行し、女性は Milk Truck の提供する座り心地の良い椅子で落ち付いて授乳することが可能になります。このような Milk Track の活躍によって、女性はイベント中、バスルームなどでの授乳をしなくても済んだのだそうです。
 
Milk Truck が提供する授乳用の椅子
Milk Truck が提供する授乳用の椅子
 
Milk Truck は今後、活動の幅を広げていく予定だそう。例えば、女性の雇用を増やしたい企業での採用などが検討されているということです。