スターバックス コーヒー「バナナ&バタースコッチタルト」
スタバに新作フード続々!

スターバックス コーヒーの各店で、春を先取るフードメニューが2月15日に発売されました。今すぐ食べたい注目フード5品、まとめてご紹介します!

●石窯フィローネ レモンバターチキン(460円、税別、以下同じ)

スターバックス コーヒー「石窯フィローネ レモンバターチキン」

毎年人気のレモンバターソースのフィローネが、石窯フィローネパンになって登場。チキンのボリュームもアップし、ソースは「さらにおいしく」なったとか。

レモンとパセリのソースで和えたチキンに、キャベツソテー、マッシュポテト、アスパラガス、黄ピーマンを合わせて石窯フィローネでサンド。レモンバターソースで仕上げてあります。今年のレモンバターソースはレモンの酸味とバターの風味をさらに高め、酸味とコクのコントラストを際立たせてあるそう。

●パストラミサンドイッチ(500円)

スターバックス コーヒー「パストラミサンドイッチ」

アメリカでポピュラーな「パストラミビーフ」をメインにしたサンドイッチ。大麦ブレッドに、パストラミビーフ、クリームチーズ、オニオンのマリネ、トマト、グリーンリーフを挟んであります。味付けはハーブソース。

パストラミビーフは、お肉の食感とスパイス・ハーブが組み合わさった複雑なハーモニーを楽しめるそう。クリームチーズにはローストアーモンドを混ぜ合わせ、食感にアクセントを加えてあるとか。

たっぷりのパストラミビーフで食べごたえがありつつも、クリームチーズの酸味や野菜のみずみずしさ、ハーブソースのさわやかな味わいで、さっぱりと食べやすい味わいだそう。

●さくらシフォンケーキ(380円)

スターバックス コーヒー「さくらシフォンケーキ」

毎年人気のさくらシフォンケーキが今年も登場。しっとり、もっちりとした口どけのよい生地に、パウダー状にしたさくらの葉と、ペーストにしたさくらの花を練り込んで焼き上げられています。

トッピングのさくらの花びらは、塩漬けにしたものを使用。甘みのあるケーキに塩味がアクセントとなり、最後のひと口まで楽しませてくれるそう。なお、さくらの原材料はすべて国産。

●オレンジパイ(460円)

スターバックス コーヒー「オレンジパイ」

甘酸っぱいバレンシアとブラッド、2種類のオレンジを楽しめるパイ。サクサクのパイに、オレンジの果汁やオイル、ピールを混ぜ込んだ生地を重ね、ジューシーで甘酸っぱいバレンシアオレンジの果肉をたっぷりトッピング。濃厚なブラッドオレンジのナパージュを天面にかけて仕上げられています。

また、生クリームにサワークリームを加えた酸味のあるクリームを合わせ、オレンジの甘酸っぱさと相性を高めているそう。

●バナナ&バタースコッチタルト(440円)

スターバックス コーヒー「バナナ&バタースコッチタルト」

果実感のあるバナナの甘みとコクを楽しめるタルト。バナナ果肉をたっぷり使ったダマンド生地に、アーモンドとヘーゼルナッツのフィリングを敷き詰め、ごろごろとしたバナナ果肉とバナナフィリング、アーモンドパウダー入りのホイップクリームを重ねてあります。

仕上げにバタースコッチソースをトッピング。コーヒーにもぴったりの味わいだとか。