スターバックス リザーブ ロースタリー 東京、幻想的なSAKURAシーズンを展開

スターバックス リザーブ ロースタリー 東京で今年5回目となるSAKURAシーズンが2月15日から開始されます。「SAKURA SCENES」をテーマに、変わりゆく桜の姿を様々な形で表現し、訪れる人々に春の訪れを感じさせる企画が多数用意されています。

幻想的な「夜桜ライトアップ」でお花見を特別な体験に

SAKURAシーズンの目玉として、ロースタリー 東京の外観が桜カラーにライトアップされます。この「夜桜ライトアップ」は、日没から22時までの間、幻想的な風景が作り出され、来場者に春の夜の特別な空間が提供されます。また、4階には桜が施された「SAKURAボトルタワー」が設置され、来場者は本物の桜とともに早めのお花見を楽しむことができます。


春を感じるSAKURAビバレッジが新登場

2月15日からは、和のテイストが加えられたSAKURAビバレッジが2種類、新たに登場します。「さくら クリーム ラテ」は、あんこパウダーとスパイス、エスプレッソを組み合わせ、進化系和菓子のような味わいを楽しめます。もう一つの「スプリング ブロッサミング アリュール」は、スパークリングワインと日本茶を組み合わせた、春の訪れにふさわしい一杯となっています。

イタリアンベーカリー プリンチからSAKURAシリーズが今年も登場

さらに、イタリアンベーカリー プリンチでは、日本の春を象徴する「SAKURAシリーズ」の商品が提供されます。華やかな見た目と桜の風味を楽しめる「コルネッティ さくら」や、「トルタ さくら」など、春の訪れを感じさせる商品が多数揃います。