ファミリーマート 寿司カテゴリで初の試み「代替海鮮丼」を発売

ファミリーマートから、寿司カテゴリーで初の取り組みとなる持続可能な水産資源の利用に焦点を当てた「だいたい(代替)海鮮丼」が2月6日から関東の一部店舗約2,300店で発売されます。
「だいたい(代替)海鮮丼」は、ウニ、いくら、カニ、ねぎとろ、うなぎの5種類の具材を代替食品で再現した商品です。ウニ・カニ・うなぎの代替食品としては「魚肉のすり身」、いくらの代替としては「植物油脂」、ねぎとろの代替としては「こんにゃく」など、持続可能な水産資源に貢献する原材料を使用しています。価格は税込498円で、2月6日より関東地方の一部の店舗で発売されます。