モロゾフ「カレルチャペック紅茶チョコレート」

モロゾフと「カレルチャペック紅茶店」がコラボレーションした新商品「カレルチャペック紅茶チョコレート」が、1月18日から2月14日まで近鉄百貨店のモロゾフ売場/バレンタイン催事場で販売されます。92g、価格は702円(税込)。



カレルチャペック紅茶チョコレート

モロゾフとカレルチャペック紅茶店がコラボして生まれたチョコレートは、紅茶の香りとチョコレートの風味が相性抜群。包みを開けた瞬間から紅茶の香りがふんわり。紅茶も「カレルチャペック」が独占契約している「ルンビニ茶園」のルフナ茶を使用。上品な香りがチョコレートの美味しさを引き立てます。可愛らしいパッケージも魅力的。


使用されているルフナ紅茶について

使用されている「ルンビニ茶園」のルフナ紅茶は、スリランカ南部のルフナ地域で摘み取られた茶葉から作られます。ミルクと砂糖を入れるとまろやかな味わいになるのが特徴。

カレルチャペック紅茶店

「カレルチャペック紅茶店」は1987年創業の都内に4店舗展開する紅茶専門店。オーナーでティーテイスターの山田詩子さんが、鮮度の保持、フレーバリング、パッケージデザインまでを一手に担当。モロゾフとカレルチャペック紅茶店とのコラボレーションブランドは今年で5年目を迎えます。なめらかな口どけのモロゾフのチョコレートと、上品でまろやかな風味のルフナ紅茶を楽しめます。





関連記事はこちら:モロゾフ 贅沢に栗きんとんを使用したバレンタイン限定トリュフチョコレートを発売:2024年1月18日からジェイアール名古屋タカシマヤで販売開始