明治屋、国産いちごを使用した新ジャム3品を発売

明治屋から、国産いちごを使用した新ジャム3品を2月26日より全国発売されます。予約者には早期に手に入れることが可能で、1月15日「いちごの日」から明治屋ストアーおよび明治屋オンラインショップで先行販売されます。

明治屋ジャムの歴史と新設シリーズ

明治屋は1911年に小諸市出身の「御牧いちご」を使った「MY印イチゴジャム」を発売しました。その113年間、いちごジャム作りのノウハウを受け継がれています。

こだわりの国産いちごジャムシリーズ

この新シリーズでは、福岡県産「あまおう」、佐賀県産「いちごさん」、静岡県産「紅ほっぺ」の3品種を使用されています。パンだけでなくヨーグルトにも合います。


商品概要

「国産いちごジャム 濃厚な味 あまおう」は、福岡県産「あまおう」の濃厚な味わいをそのままに、ジャムにしたもので、195gで税込540円です。また、「国産いちごジャム いちごさん」は、佐賀県産「いちごさん」の果肉を活かしたジャムで、195gで税込540円です。「国産いちごジャム 紅ほっぺ」は、静岡県産「紅ほっぺ」を使用し、その酸味を活かしたジャムで、205gで税込540円です。