スターバックス プラントベースのフード

スターバックスは、コーヒーやティーなどのビバレッジとともに楽しむフードの新しい選択肢として、“プラントベース”のフードメニューを拡充。全国のスターバックスで、5品が6月1日から販売されます(一部の店舗をのぞく)。

スターバックス プラントベースのフード

主要原材料に動物性食材(肉、魚介類、卵、乳製品、はちみつ)を使わず、植物性食材を使用。プラントベースでありながらも、味わいや満足感にこだわった商品が開発されました。

アーモンドミルクの抹茶ムース

砕いたグラハムクラッカーに風味豊かな抹茶ムースをのせ、天面に抹茶とアーモンドミルクをあわせたホイップを重ねたケーキ。使用されている抹茶は、スターバックスの店舗で出たコーヒーの豆かすをリサイクルした、たい肥を使用して栽培されています。抹茶のほろ苦く甘みのある深い味わいと、グラハムクラッカーの香ばしさ、アーモンドミルクのまろやかな味わいが絶妙なバランス。鹿の子大納言が見た目と味わいのアクセントです。価格は持ち帰り 476円、店内利用 485円(税込、以下同じ)。

スターバックス「アーモンドミルクの抹茶ムース」

シュガードーナツ

定番商品「シュガードーナツ」がプラントベースにリニューアル。今まで以上のおいしさにこだわり、しっとりもっちりとした食感の生地と優しい甘さのシュガーグレーズが合わされています。価格は持ち帰り 250円、店内利用 255円。

スターバックス「シュガードーナツ」

スピナッチコーン&ソイパティ イングリッシュマフィン

外側はさっくり、中はもっちりとした食感の全粒粉入りイングリッシュマフィンに、大豆を使用したソイパティ、スピナッチコーンクリーム、メープルマスタードをサンド。スピナッチの旨み、コーンのつぶつぶ食感、メープルマスタードのコクのある甘さが肉のような味わいで、食べ応え十分のソイパティと相性抜群。価格は持ち帰り 432円、店内利用 440円。

スターバックス「スピナッチコーン&ソイパティ イングリッシュマフィン」

トマト&ソイボール 石窯フィローネ

フィローネにソイボール、ポモドーロソース、プラントベースチーズ(乳不使用)をサンド。トマトの酸味とプラントベースチーズのコクがまるで肉のような味わいで、ソイボールと相性抜群。価格は持ち帰り 501円、店内利用 510円。

スターバックス「トマト&ソイボール 石窯フィローネ」

シェイクンミール ソイボロネーゼ

紫キャベツ、トマトドレッシングで和えた雑穀ビーンズサラダ、ソイボロネーゼソース、赤ピーマン、プラントベースチーズ(乳不使用)、セミドライトマト、きゅうり、カリフラワー、グリーンリーフをトッピング。蓋をしたまま10~15回程度よく振ると、具材全体にソースがいきわたります。カップで手軽に食べられるのも魅力。価格は持ち帰り 452円、店内利用 460円。一部店舗のみで取り扱い。

スターバックス「シェイクンミール ソイボロネーゼ」

※ スターバックスのプラントベースの考えに基づき、主要原材料は、商品を構成する食品添加物を含む二次原材料までを指します。ただし、二次原材料までに含まれる食品添加物のうち、食品表示法上、表示の省略が可能な加工助剤・キャリーオーバーは主要原材料に含まれません。
※ 商品の製造工場および店舗では動物性食材を含む商品を製造しています。
※ 完全な菜食主義を目指す人向けの商品ではありません。