セブン「10種具材と生姜あんの和風スープ」

セブン-イレブンの「10種具材と生姜あんの和風スープ」を食べてみました。ヒリリと強いジンジャー風味で、体の芯から温まるようなとろみのある一杯。カロリーは128kcalで、たんぱく質が7.3g、脂質は1.7g、糖質は19.1g、食物繊維3.1g、食塩相当量は2.6g。販売価格は321.84円(税込、小数点2位まで表示)。

10種具材と生姜あんの和風スープ

セブン「10種具材と生姜あんの和風スープ」

中身は生姜に加え、玉葱、白菜、大麦、えのきたけ、人参、鶏肉、ごぼう、しいたけ、小葱、昆布とバラエティ豊かです。タピオカでん粉でとろみがつけられています。

さじですくって口に運ぶと舌がひりっとするほどジンジャー風味が強く、お腹に収まると内側からぽかぽかと温まります。椎茸や細切りの昆布は舌ざわりもよく深い旨味があって、ゆったり落ち着く日本の味わい。底からすくった大麦のぷちぷちした食感や人参、ごぼうなど野菜の香りなどが混然とひとつになって、満足感のある食べ心地です。

セブン「10種具材と生姜あんの和風スープ」

体が冷えているときや、疲れているときにほっと一息つけるような仕立て。軽めの昼食にもなるボリュームでした。