ありあけ「侍ハーバー 勝栗抹茶」

2022年1月放送開始予定の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のロゴライセンス商品として「侍ハーバー 勝栗抹茶」が、ありあけ直営店および小売店、ECサイトなどで12月20日から販売されています。2022年12月末までの販売予定。

侍ハーバー 勝栗抹茶

鎌倉時代と共に始まった抹茶の文化と、「勝ち」につながる縁起の良さで武将の士気を高めるためにも使われた保存食の「勝栗」をかけて作られた商品。「13」にちなみ、宇治抹茶、栗甘露煮、イチョウ葉エキス、小麦粉、砂糖、バター、北海道産生クリーム、白あん、卵、希少糖、寒天、沖縄産黒糖、水あめの厳選した13の素材が使用されています。

ありあけ「侍ハーバー 勝栗抹茶」

かすてら生地、餡、蜜、すべてに宇治抹茶を使用。小さな栗の甘露煮を合わせた自家製餡の中に抹茶黒蜜を閉じ込め、伝統の製法でしっとりと焼き上げられています。栗の食感とともに広がる抹茶と黒蜜の絶妙な味わいを楽しめます。

パッケージは、北条氏の家紋「三つ鱗」をイメージした柄に、武人画師として活動する「こうじょう雅之氏」が描いた北条義時のイラストをデザイン。価格は単品 194円、6個入 1,166円(税込)。