ミニストップ「駅弁風 レモンステーキ弁当」「駅弁風 かにめし」

ミニストップ各店で、「駅弁風弁当シリーズ」の第13弾「駅弁風 レモンステーキ弁当」と「駅弁風 かにめし」が12月14日に発売されます。

駅弁風 レモンステーキ弁当

ミニストップ「駅弁風 レモンステーキ弁当」

九州エリアの商品担当主体で開発された地域開発商品。長崎県佐世保市のご当地メニュー“レモンステーキ”がメニュー化されました。

薄切りの牛肉とレモンのきいたソースが特徴。やわらかく焼き上げられた牛肉がたっぷりトッピングされ、レモンの果皮入りのソースが絡められています。また、ご当地の“高菜炒め”もアクセントに添えられた、九州を感じられる弁当に仕上げられています。価格は599円(税込)。

駅弁風 かにめし

ミニストップ「駅弁風 かにめし」

弁当需要の高まる年末に向けて発売される駅弁風弁当、「蟹」を使った駅弁の定番でもある豪華な“かにめし”。ご飯の上に、鳥取県境港産紅ズワイ蟹のフレーク(ほぐし身入り)と、錦糸玉子やふんわりとした「かにとろ」がトッピングされています。

ご飯には花咲ガニの出汁がかけられ、蟹の味わいを存分に感じられる仕立て。見た目も華やかな弁当です。価格は599円(税込)。

駅弁風弁当シリーズ

コロナ禍での旅行・出張等の移動機会減少に伴い、非日常を味わえることをコンセプトに2021年1月から始まった人気シリーズ。“駅弁”の良さでもある「温めなくても美味しい弁当」「具材にもこだわった弁当」が、コンビニならではの手を出しやすい価格で提供されています。