大山乳業農業協同組合「白バラコーヒー甘さひかえめ」

大山乳業農業協同組合から、鳥取県のソウルドリンクとして白バラ牛乳とともに親しまれている「白バラコーヒー」初のシリーズ品「白バラコーヒー甘さひかえめ」が9月28日に発売されます。500mlで価格は164円、1,000mlで278円(税別)。期間限定。

白バラコーヒー甘さひかえめ

「白バラコーヒーは好きだけど甘さが気になる…」という方に飲んで欲しいという想いから開発された、「白バラコーヒー甘さひかえめ」。地元山陰地区の量販店だけでなく関西・中四国のファミリーマート、中国エリアのローソンでも販売決定。組合公式通販サイト「カウィーの白バラショップ」でも購入可能です。

「白バラコーヒー」に比べ甘さを約半分に抑えたことで、コーヒーの苦味とミルクのコクや風味をしっかりと感じられます。食事やおやつとも合わせやすく、甘さが口に残らないのでゴクゴクと飲める一杯です。

白バラコーヒー

地域によっては商品になかなか出会えないため、「幻のコーヒー」と評される鳥取のソウルドリンク「白バラコーヒー」。鳥取県内産生乳を70%使用し、生乳本来の甘みとコーヒーの香りを大切に、甘味・コク・風味が絶妙にマッチした乳飲料です。カラメルや香料を使用せず、シンプルな材料のみで作られており、素朴な美味しさを楽しめます。