セブンプレミアムの冷凍たこ焼食べ比べ

セブン-イレブンの冷凍食品コーナーに売っている冷凍たこ焼き、「7プレミアム たこ焼」(税込246円)と「7プレミアム 築地銀だこ たこ焼」(税込540円)の2種類あるってご存知でしたか?あるんです!ただ、値段が倍以上違う…おいしさもそれだけ違うのか、気になりますよね。ということで食べ比べてみました!

セブンプレミアムの冷凍たこ焼食べ比べ
2種の冷凍たこ焼

セブン 冷凍「たこ焼」食べ比べ

「7プレミアム たこ焼」は、出汁の香るまろやかな味わいのたこ焼。一方「7プレミアム 築地銀だこ たこ焼」は、1玉ずつ職人がていねいに手焼きした、大粒の築地銀だこたこ焼です。どちらも電子レンジで4分半前後、解凍してから別添えのソースやかつお節をかけて食べます。

セブンプレミアムの冷凍たこ焼食べ比べ
「7プレミアム 築地銀だこ たこ焼」中身

セブンプレミアムの冷凍たこ焼食べ比べ
「7プレミアム たこ焼」中身

温めた後の違い

両者とも1パックに6個入り。たこ焼1個あたりの大きさもほぼ同じ。ですが、銀だこの方が温めたときにクタッとせず、まん丸の形をビシッと保っています。セブンのたこ焼は温めたら少しふにゃんとしました。

セブンプレミアムの冷凍たこ焼食べ比べ
温めた冷凍銀だこ

セブンプレミアムの冷凍たこ焼食べ比べ
温めたセブンの冷凍たこ焼

築地銀だこは青のり入り

かつお節とソースはどちらも共通して入っていますが、銀だこにはかつお節の小袋に青のりも入っています。青のり好きには嬉しい。セブンのたこ焼には青のりが入っていません。また、銀だこのかつお節は細かくてたっぷり入っています。セブンのかつお節はやや粗め。

セブンプレミアムの冷凍たこ焼食べ比べ
「7プレミアム 築地銀だこ たこ焼」完成形

セブンプレミアムの冷凍たこ焼食べ比べ
「7プレミアム たこ焼」完成形

食感の違い

銀だこは外側がカリッと香ばしく、中はもっちりトロリとした生地の食感。タコもごろっと入っています。ただ、外がカリカリな分、中に若干の空洞ができていて、割ったときに生地がみっちり詰まっていないように見えました。ぱくっと食べちゃえばまったく気にはなりません。

セブンプレミアムの冷凍たこ焼食べ比べ
7プレミアム 築地銀だこ たこ焼

一方セブンのたこ焼は表面もやわらかく、中もトロッとやわい食感。カリカリとした歯ごたえやこんがりした香ばしさはないものの、みっちり生地が詰まっていて噛むほどに口の中でとろけます。タコもごろっと入っていて食べごたえあり。味は一般的な冷凍たこ焼といった印象です。

セブンプレミアムの冷凍たこ焼食べ比べ
7プレミアム たこ焼

まとめ:どちらが美味しい?

これは好みもあると思いますが、個人的には「7プレミアム 築地銀だこ たこ焼」の方が好きでした。かつお節や青のりの風味もしっかり感じられるし、お店の焼き立てには敵わないものの、外側のカリカリ感や中のほくほくとろっとした舌ざわり、だし感やうまみや香ばしさは、冷凍の割になかなか満足のいくものでした。

セブンプレミアムの冷凍たこ焼食べ比べ

ただ、1パック税込540円といかんせん値段がお高め。コスパを考えると「7プレミアム たこ焼」(税込246円)で十分かな~とも思います。たこ焼は絶対カリッとしている方がいい!という人は銀だこの冷凍たこ焼を買ってみてはいかがでしょうか!

セブンプレミアムの冷凍たこ焼食べ比べ
左が銀だこ。気になる方を買って食べてみて!