スターバックス アイスビバレッジ ストロー不要リッド&紙カップで提供

スターバックス国内全店舗(一部狭小店舗を除く)で、アイスのスターバックス ラテやキャラメル マキアートなどの冷たいビバレッジ全23品目を、ストロー不要のリッドで4月16日から順次提供スタート。合わせて、同商品のプラスチックカップをFSC認証紙カップに変更し、店舗で発生する使い捨てプラスチックの削減をさらに進めます。

国内のスターバックス店舗では2021年2月から、アイスコーヒーとアイスティー2種の計3品目を、使い捨てプラスチックに代わり、ペーパーカップとストロー不要のリッドで提供。今回、その対象商品を全23品目へ拡大します。これは定番アイスビバレッジの約70%にあたり、年間約6,700万本分のストローと、その同数(約6,700万杯分)のプラスチックカップ削減効果を生む見込み。※ 4月16日からの切り替え予定商品をベースに、ペーパーカップとストローレスリッドを使用する対象商品の年間提供予測数から算出

スターバックス アイスビバレッジ ストロー不要リッド&紙カップで提供

ストローレスリッドは快適な飲み心地で、ホット・アイス両方に使用可能。コーヒーのアロマも楽しめるよう、ホットビバレッジに使用していた従来のリッドよりも飲み口が大きく設計されました。フリップアップの形状を採用することで、TO GO(持ち帰り)時に使用していたプラスチック製のマドラーや、飲み口をふさぐシールなどの削減にもつながります。

スターバックス アイスビバレッジ ストロー不要リッド

ペーパーカップは、適正に管理された森林およびその他の管理された供給源からの原材料で生産されたFSC認証紙を使用。冷たい液体を注いでも結露の影響を受けにくく、耐久性を持たせるようにカップの内側と外側にラミネート加工が施されています。

スターバックス アイスビバレッジ 紙カップで提供

【ストローレスリッド/ペーパーカップでの提供予定商品】
2021年2月切り替え済み:アイスコーヒー/アイスティー/すべてのホットビバレッジ
2021年4月16日から順次:上記に加え、スターバックス ラテやキャラメル マキアートなどアイスのエスプレッソビバレッジ
アイス チャイ ティー ラテ/アイスココア/アイスミルク/キッズ ミルク/キッズ ココア