マウントレーニア カフェラッテ~深い癒やしパッケージ~

森永乳業のチルドカップコーヒー『マウントレーニア』ブランドは、コロナ禍でストレスを抱える人々に対して“深い癒やし”を届ける年間プロジェクト「マウントレーニア 深い癒やしプロジェクト」を4月13日にスタート。春のプロジェクトとして、全国5つの動物園の飼育員が撮影した動物の赤ちゃんたちがパッケージになった「マウントレーニア カフェラッテ~深い癒やしパッケージ~」が4月12日の週から全国で順次発売されます。

外出自粛などの影響により、動物園は全国的に厳しい状況が続いています。今回、企業が関わることで、これまでにはない動物園支援の形が実現できないか検討し、動物園との協議を経て「マウントレーニア カフェラッテ」のパッケージに、飼育員が撮影した動物園の赤ちゃんの写真を採用することが決定しました。

動物の赤ちゃんの写真は、旭山動物園、那須どうぶつ王国、埼玉県こども動物自然公園、姫路セントラルパーク、長崎バイオパークの飼育員が撮影。普段から愛情を注いで育てている飼育員だからこそ撮影できる、動物の赤ちゃんたちの愛らしい表情を楽しめるパッケージになっています。

<パッケージに掲載される動物園の赤ちゃん一覧>
旭山動物園:ゴマフアザラシ もち丸/レッサーパンダ/キタキツネ
埼玉県こども動物自然公園:フェネック /レッサーパンダ/クオッカ/コアラ
那須どうぶつ王国:スナネコ/マヌルネコ
姫路セントラルパーク:チーター しばふ/コツメカワウソ/ハリネズミ
長崎バイオパーク:カバ もも&その子ども/リスザル/ミーアキャット

マウントレーニア カフェラッテ~深い癒やしパッケージ~

今回の取り組みでは、コロナ禍で集客が落ちこむ動物園のPR支援を行うとともに、売上の一部をパッケージで紹介する動物園に寄付。飼料代として活用されます。また、森永乳業グループの一員であり、動物用ミルク類や総合栄養食の開発、販売を行う株式会社森乳サンワールドからも、プロジェクトに参加した各動物園に飼料を寄付します。