スターバックス リザーブ ロースタリー 東京「セントヘレナ アイランド」

スターバックス リザーブ ロースタリー 東京に、南大西洋に浮かぶ絶海の孤島で栽培された希少なコーヒー「セントヘレナ アイランド」が昨年に引き続き今年も登場。4月2日から販売されます(なくなり次第終了)。

セントヘレナ島は南大西洋に浮かぶ小さな島で、ナポレオン1世が晩年を過ごしたことと、上質なコーヒー豆の生産地であることで有名。斜面や岩山が多い島内では、コーヒーの収穫量も限られています。ナポレオン1世はこの島で収穫されたコーヒーを好んで飲み、「セントヘレナ島で一番の楽しみはこのコーヒーだ」と言ったと伝えられています。

「セントヘレナ アイランド」は、清涼感と甘みのある心地よい余韻を楽しめるコーヒー。ブラックティーのようなフローラルな香りとレモングラスのような風味、ブラウンシュガーを思わせるほのかな甘みや香ばしさがアクセント。立ち上る鮮やかなコーヒーのアロマとロマン感じる味わいを堪能できます。

今シーズン、この希少なコーヒーを味わうことができるのは、世界中のスターバックスの中でロースタリー 東京だけ。家庭で楽しめる豆の量り売りに加えて、今年は店内でバリスタが抽出したコーヒーとしても楽しめます。

<価格>
コーヒー豆 100g 5,356円(50gから販売)
ドリップ コーヒー(HOT/ICED)ケメックス 2,178円(トールサイズのみ)
コーヒープレス 2,134円(ショートサイズのみ)

※ 販売状況により一人あたりの購入数量について上限を設ける場合があります。