セブン「伊藤久右衛門監修 宇治抹茶あんみつ」

セブン-イレブンの和スイーツ「伊藤久右衛門監修 宇治抹茶あんみつ」を食べてみました。どっさりの抹茶ゼリーにたっぷりの抹茶蜜(みつ)をかけて楽しむ一品。

セブン「伊藤久右衛門監修 宇治抹茶あんみつ」

名前の通り「伊藤久右衛門」ブランドの抹茶が用いられた一品。抹茶ゼリーや抹茶蜜のほか、トッピングとして白玉、粒餡(あん)、さくらんぼ、みかん、パインが彩り良く盛りつけられています。

セブン「伊藤久右衛門監修 宇治抹茶あんみつ」

ふたを開くとトッピングとゼリーは2段にわかれています。せっかくなので器に移して食べることに。まずゼリーを器にあけたら、抹茶みつをかけまわします。

セブン「伊藤久右衛門監修 宇治抹茶あんみつ」

カップに入っているうちは目立たなかったのですが、ゼリーも蜜もとても量が多いので、ご飯茶碗より大きめの器を使うのがよさそうです。次にスプーンでフルーツや白玉をすくってのせていきます。粒餡は崩れないよう慎重に。完成すると緑の海にぷかぷか白、黒、赤、黄、橙の島が浮かんでいるようなカラフルな見た目に。

セブン「伊藤久右衛門監修 宇治抹茶あんみつ」

さっそくスプーンですくって食べてみると、抹茶蜜は濃厚な風味がありますが、苦味や渋味は控えめ。すっきりした甘味とさわやかな香りが楽しめます。ゼリーにもやさしい抹茶の味つけがされていて、蜜とからむと複雑な奥行きを感じます。

トッピングやゼリーと一緒に食べるとアクセントが楽しめます。特に粒餡との相性がぴったり。飲みものは日本茶がお勧めです。なおカロリーは1個185kcalで、販売価格は345円(税込)。