サンクトガーレン さくら

サンクトガーレンから、本物の桜の花と葉で風味付けをしたビール「サンクトガーレン さくら」が2月19日に発売されます。4月中旬までの季節限定。

使用している桜は「天下第一の桜」と称され、さくら名所100選にも選ばれている長野県伊那市高遠のもの。冬季限定で販売されている「アップルシナモンエール」に同市のりんごを使用している縁で、このビールが開発されました。

サンクトガーレン さくら

ビールの苦味と香りのもとになるホップの使用を抑え、桜の花と葉で風味付け。桜茶などにも使われる食用の八重桜が1回の仕込みに60Kg使用されています。

サンクトガーレン さくら

桜の収穫は毎年GW前後に行われ、摘み取った桜はすぐに塩漬け。桜・塩・水を交互に加え、力をかけて3分の1程度にまで圧縮されます。それを冷蔵庫で1年程度寝かせて完成。塩漬けにすることで糖が分離してクマリンが生成され、桜餅のような香りを放ちます。ビールに使うときには、前日から流水にさらし塩抜きしてから使用。

サンクトガーレン さくら

通常のビールは大麦麦芽でつくりますが、このビールは柔らかい口当たりを出すために小麦麦芽を20%使用。さらに神奈川県海老名市の泉橋酒造で栽培された酒米“楽風舞(らくふうまい)”もあわせて使用。お米特有のふくよかな甘みをビールにプラスし、道明寺桜餅のような味わいに仕上げられています。アルコールは5%。

泉橋酒造で栽培された酒米“楽風舞”

容量330ml、価格は460円(税別)。公式ネットショップ、主要百貨店(一部を除く)のお酒売場、関東のイオン40店などでの取り扱い。