ミニストップ「駅弁風 イベリコ豚重」

ミニストップに、ひとくちで旅気分が味わえるような「駅弁風弁当」シリーズが登場。第1弾として「駅弁風 イベリコ豚重」と「駅弁風 鮭はらこ飯」が1月26日に発売されます。価格は各555円(税別)。

コロナの影響で外出や旅行などを自粛し、非日常への欲望が高まる中、旅気分が味わえるような「駅弁風弁当」を開発。「温めなくても美味しい弁当」「具材にもこだわった弁当」を目指し、コンビニエンスストアならではの求めやすい価格で販売されます。

ミニストップ「駅弁風弁当」シリーズ

「駅弁風 イベリコ豚重」は、どんぐりを食べて育ったイベリコ豚を約5mmの厚さにカットして焼き上げ、ご飯の上にたっぷりのせた弁当。イベリコ豚の中でも最高品種「ベジョータ」が使用されています。赤身と脂身の甘みが特徴のベジョータは甘辛なタレと相性抜群。温めなくても美味しく楽しめます。

ミニストップ「駅弁風 イベリコ豚重」

「駅弁風 鮭はらこ飯」は、脂がのって厚みがある鮭ハラス、程よい塩味にした鮭フレークに加え、いくらもトッピングした具沢山の弁当。相性の良い鮭といくらを組み合わせた、満足感のある一品です。

ミニストップ「駅弁風 鮭はらこ飯」