朝日の「食べるアマニ油」と「食べるえごま油」

必須脂肪酸「オメガ3」を手軽に摂れる「アマニ油」や「えごま油」。テレビなどでも紹介され、健康志向の高い人たちの間で話題となりました。中には、気になってはいるものの食べ方がわからない、アブラをそのまま口にするのは何となく抵抗がある…と躊躇している人もいるのでは?

そんな人におすすめしたいのが、朝日の「食べるアマニ油」と「食べるえごま油」。各種通販サイトでも販売されていますが、編集部は先日カルディで発見。食べてみたらめちゃくちゃ親しみやすいおいしさで、これなら毎日でも続けたいなと思いました!

朝日の「食べるアマニ油」と「食べるえごま油」
左が食べるえごま油、右が食べるアマニ油

「食べるアマニ油」「食べるえごま油」は、それぞれオメガ3系脂肪酸が豊富に含まれる「アマニ油」「えごま油」に、フライドガーリックや唐辛子、落花生などを加えて仕上げられた“食べるアブラ”。アマニ油はアマ科の一年草「アマ」の種子「アマニ」を原料とする植物油、えごま油はシソ科の植物「荏胡麻」から取れる植物油です。

朝日の「食べるアマニ油」と「食べるえごま油」

どちらも、いろんな料理の味付けにちょい足しして活用できますが、まずはそのまま白いご飯にのせて食べてみてください。

朝日の「食べるアマニ油」と「食べるえごま油」

さくさくとした食感と、噛むほどにあふれるフライドガーリックのうまみ、じわっと広がるナッツの香ばしさがたまらーん!舌がひりっとする辛さも、度を越していなくてやみつきになります。白いご飯がどんどん進む~!

…というか正直、これだけで食べてもビックリするほど美味いんです。私はあまりのやみつき味に、こっそりスプーンで瓶からすくって直接口に入れたこともあります。

なお、食べるアマニ油とえごま油で味の違いはほぼありません。アブラだけだと風味がちょっと苦手、という人でもこれなら香りは全然気にせず食べられそう。

ほかにも、冷奴にのせたり納豆に加えたりアボカドに添えたりと、さまざまな料理のトッピングに使えます。ギョウザや肉まんの付けだれにも。

朝日の「食べるアマニ油」と「食べるえごま油」

朝日の「食べるアマニ油」と「食べるえごま油」

日々の食事に「アマニ油」や「えごま油」を取り入れたいけれど、食べ方がわからず手を出せなかったという人は、「食べるアマニ油」「食べるえごま油」からおいしく始めてみては?