明治 ザ・チョコレート

「明治 ザ・チョコレート」ブランドから産地ごとに異なる香味を楽しめる4種類のフレーバーが登場します。ベネズエラ、ブラジル、ペルー、ドミニカそれぞれのカカオが70%使われています。9月29日から全国で発売されます。

内容量は50gで、想定価格はすべて220円(税別)。「明治 ザ・チョコレート」シリーズは、カカオ豆から発酵、ロースト、型、パッケージまでの各工程にこだわりった「BEAN to BAR」のチョコレート。今回の新フレーバーは同じカカオ含有量70%でありながら産地によって異なる香りと味わいを楽しめる趣向です。

「明治 ザ・チョコレート ベネズエラカカオ70」に使われたカカオの特徴は「ナッティ」。木の実のような香ばしさとうまみが特徴のコクのあるチョコレート。

「明治 ザ・チョコレート ブラジルカカオ70」に使われたカカオの特徴は「フルーティ」。柑橘系のさわやかな香りと酸味が特徴の、キレがよくライトな仕上がりのチョコレート。

「明治 ザ・チョコレート ペルーカカオ70」に使われたカカオの特徴は「フローラル」。花のような香りがふわりと感じられる、心地よい渋みのあるチョコレート。

「明治 ザ・チョコレート ドミニカ共和国カカオ70」に使われたカカオの特徴は「スパイシー」。ハーブのような香りがあり、酸味やコク、うまみをバランスよく味わえるチョコレート。

いずれも明治の研究員が直接カカオ産地に足を運び、カカオ農家の支援、協働の発酵研究、適切価格で継続購入などを進めています。