ミニストップに「牛角」監修メニュー
「牛角」監修メニュー第3弾は「冬のスタミナ」がテーマ!

ミニストップに焼肉チェーン「牛角」監修メニューがまた新たに登場します。焼肉弁当からメロンパンまで10種類です。

2018年8月と2019年1月に実施して好評だったシリーズの第3弾。「冬のスタミナ」をテーマにした米飯、麺、スープ、サラダ、パン、スイーツとなります。詳細は次の通りで、販売価格はすべて税込です。

牛角焼肉弁当

ミニストップに「牛角」監修メニュー
牛角焼肉弁当

牛角焼肉弁当は599円。肉は赤身と脂身のバランスが良さが特徴の「ブラックアンガス牛」がたっぷり使われ、タレは牛角店舗で使われている「もみダレ」と「つけダレ」の2種類が入って、にんにく、ごま油もきいたやみつきになる味わいとか。

牛角サクサク! スパイシー焼めし

ミニストップに「牛角」監修メニュー
牛角サクサク! スパイシー焼めし

牛角サクサク! スパイシー焼めしは453円。牛角のメニューにある厚切りのカルビが焼いてあって、電子レンジの加熱後にサクサクのスパイスをまぶすことで食感も楽しめるとのこと。

黒蜜きなこnaメロンパン

ミニストップに「牛角」監修メニュー
黒蜜きなこnaメロンパン

黒蜜きなこnaメロンパンは138円。 牛角の人気デザートメニューのうち「炙ってメロンパンアイス」と、黒蜜ときなこをかけた「牛角アイス」が組み合わせられたオリジナルメロンパン。きなこ味にしあげられた皮つきパンに、バニラホイップクリームと黒蜜ソースがはさまれています。

牛肉ガリバタ焼そば

ミニストップに「牛角」監修メニュー
牛肉ガリバタ焼そば

牛肉ガリバタ焼そばは496円。牛角の焼肉のタレのうまみと甘味に、ガーリックとバターの風味が加えられたスタミナ満点の焼そば。焼肉のタレとガーリックで味つけされた牛肉がトッピングになっています。       

ユッケジャンスープ

ミニストップに「牛角」監修メニュー
ユッケジャンスープ

ユッケジャンスープは397円。牛角ユッケジャンスープの素が使われていて、お店の味を楽しめます。タレ和えの牛肉、野菜、たまごが入って、加熱前の彩りも意識してしあげられています。電子レンジ加熱後は辛味が強そうな赤色のスープにしあがりますが、食べるとほどよい辛さとうまみのある味とか。

チョレギサラダ

ミニストップに「牛角」監修メニュー
チョレギサラダ

チョレギサラダは345円。焼肉と一緒に食べるサラダとしてイメージしやすい一品。お店の味を楽しめるよう牛角の店舗で使われているドレッシングが添えられ、パンチの効いた塩味が特徴になっています。わかめやレタスとよく混ぜ合わせるとちょうど良い味になるそう。

ポッピングボバdeマンゴー杏仁

ミニストップに「牛角」監修メニュー
ポッピングボバdeマンゴー杏仁

ポッピングボバdeマンゴー杏仁は313円。韓国で話題のプチプチした食感が特徴のポッピングボバが使われています。北海道産の純生クリームが入った杏仁豆腐に、マンゴームースとマンゴー味のポッピングボバがトッピングになっています。

牛角焼肉ビビンバ風バーガー

ミニストップに「牛角」監修メニュー
牛角焼肉ビビンバ風バーガー

牛角焼肉ビビンバ風バーガーは340円。もみダレで味つけされた焼肉とパティにたまごやナムルが合わせられ、マヨネーズと旨辛風だれでビビンバ風にしあげられたボリュームのあるハンバーガー。焼肉のうまみと特製のタレのバランスが抜群とのこと。

牛角カレーパン

ミニストップに「牛角」監修メニュー
牛角カレーパン

牛角カレーパンは159円。ビーフのうまみとゴマ油のコクが溶け込んだカレーが入れられた、焼肉屋さんが作ったようなスパイシーなカレーパンだそう。

牛角カルビめし

ミニストップに「牛角」監修メニュー
牛角カルビめし(カルビ専用ごはん風)

牛角カルビめし(カルビ専用ごはん風)は257円。角切りカルビと焼肉のタレが混ぜ合わせられ、ゴロゴロとした食べごたえのある具に。さらに外側には韓国のりフレークも振りかけられ、牛角の「カルビ専用ごはん」がおにぎりで再現されています。こちらはすべてのミニストップで取り扱われるのではなく、店内炊飯の手づくりおにぎり導入店舗のみで販売されます。